障がい学生支援

障がい学生支援について

ルーテル学院大学では、障害者基本法の理念にのっとり全学的組織としての障がい学生支援委員会を設けています。

ルーテル学院大学 障がい学生支援方針

障がいのある学生が主体的に学ぶことができるように教育の質の保障に努めます。

障がいの有無によって、提供される教育の質が異なることがないように、努めます。学生本人が自ら主体的に学ぶことができるように支援します。

障がいのある学生が利用しやすいように、施設設備のアクセシビリティ環境の向上に取り組みます。

障がい学生が学修の目的を達成するための環境整備という観点は当然ながら、障がいがない学生にとっても利用しやすい環境整備を行なうことで、誰にでも利用しやすい開かれたキャンパスの整備を行ないます。

障がいのある学生が主体的に大学生活を送れるように、支援します。

障がいの有無にかかわらず、学生・教職員・キャンパスに集うすべての人がお互い支えあうことができる、心のバリアフリーを目指します
本学が行う障がい学生支援とは、入学から卒業までにかかる修学上の支援であって、生活介助全般(食事介助、排泄介助、通学支援、医療行為等)については含まれていません。また、修学上の支援においても可能な限りの支援につとめますが、やむなく希望に添えない場合もあります。
試験上の配慮が必要な受験について
*入学試験の際に障がい等の事由により、設備その他の点で配慮が必要な志願者は、出願に先立ち、各試験の1ヶ月程度前までに入試事務局に連絡してください。事前に面談を行います。また、配慮希望申出書(本学所定の用紙)を入試事務局まで請求し、指示された期日迄に提出してください。
*入試の際には配慮が不要な方で、入学後に学習・学生生活の配慮を希望される志願者も面談を行いますので、出願前にご連絡ください。
*自筆で提出する出願書類などは代筆もできます。不明な点があれば入試事務局までお問い合わせください。
ALL INDEX