合格率

社会福祉士

第32回(2019年度)社会福祉士国家試験の現役合格率は65.0%(全国平均29.3%)と、2015年度から5年連続で、全国平均の2倍以上の合格率を誇ります。本学では、3年生からの受験対策支援、正規科目としての受験対策講座の開講、外部講師による特別受験対策講座の開講、年末年始の専任教員による自主勉強会などの国家試験対策指導を行っており、受験生の努力と頑張りはもちろんのこと、このような積み重ねが、高い合格率へとつながっています。

社会福祉士2019

精神保健福祉士

第22回(2019年度)精神保健福祉士国家試験の本学の現役合格率は100%(全国平均合格率62.1%)でした。本学は精神保健福祉士国家試験に第1回から合格者を出している数少ない大学です。

精神保健福祉士2019

公認心理師・臨床心理士

臨床心理士資格試験における過去10年間の平均合格率(現役生)は73.0%であり、全国平均を上回る高い合格率を誇っています。昨年行われた、2019年度(第2回)公認心理師資格試験は、81.8%(全国平均46.4%)と、高い現役合格率を達成しました。臨床心理学専攻では、教員による面接(二次試験)練習を毎年実施して資格試験をサポートし続け、通常の授業はもとより、実習ではケースカンファレンスと毎回の面接ごとのスーパービジョン、外部実習では毎週のグループスーパービジョンなどきめ細やかな指導を行っています。

また、本学では、学部4年と修士2年を連結した6年一貫心理職養成特別進学課程生 (特進生)制度を設けています。詳細はこちら
ALL INDEX