想いをカタチにするキャリア支援

ルーテル学院大学では「人を支えたい」「誰かの役に立ちたい」という、学生一人ひとりが抱く”想い”を、大学内における専門的な学びと、大学外での学生の関心に応じた、実習・インターンシップ・海外研修等による実践的な学びにより、その”想い”を具体的なカタチにできるよう支援していきます。

キャリア支援

全学年・全学生への個別面談

全学年・全学生への個別面談を行っています。日頃の学生の様子を知っている専任教職員が指導することにより、学生が自分自身では気付きづらい強みを見い出すことができます。自身の思いや関心、雰囲気にあった進路を見つけることで、就職のミスマッチを防ぎます

サポート体制

1学年定員90人の少人数教育だからこそできる、学生一人ひとりに対応した充実のサポート体制が整っています。教職員・卒業生・キャリアカウンセラーなどを基盤とした、強固なネットワークが形成されています。本学では学年別にキャリア目標を定め、キャリア支援担当や教員が4年間を通じてキャリアのフォローをしていくほか、学外のプロのキャリアカウンセラーによる面談の実施、OB・OGによる自分の職場を紹介する資料の提供、各種進路ガイダンスの開催など、多方面から学生を支援することで理想の進路実現を手助けします。

就職進路支援体制

4年間一貫したキャリアサポート

ALL INDEX