実習指導教育の特徴

本学の「包括的実習指導システムの構築」が、文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に採択されました。

実習指導教育の特徴

本学の教育の特徴

  1. 授業科目のほとんどを、一方的な講義形式ではなく、ロールプレイや事例研究を交えた実践的な内容で提供
  2. 1年次から少人数の演習(ゼミ)授業を取り入れ、かつその演習は全て専任教員が担当
  3. 実習指導は、実習前→実習中→巡回指導→実習後のすべての指導を、その分野に習熟する同じ教員(大学の専任教員と現場経験を有する非常勤講師)が一貫して包括的にサポート
  4. 演習も実習もすべて、10名前後の少人数グループで実施。

本学の実習指導教育の特徴

1.段階的スキルアップを図れるカリキュラム
 →実習指導教育を核として、学生が専門職として必要な知識・技術を学ぶことができるよう、1年生から4年生まで段階的にスキルアップしていくカリキュラムを提供しています。また、学生の学習到達度に応じて、実習へ行く学年を変更できる仕組みにしています。
2.授業ごとの習熟度チェック
 →少人数クラスによる演習形式の授業を取り入れ、毎回授業の最後には学生からフィードバックを受け、習熟度をチェックしています。
3.実習先の実習指導者とのトライアングル指導
 →大学教員と実習先の実習指導者とが連携して学生の指導にあたる、「トライアングル指導」体制を構築しています。

実習指導教育システム

実習指導教育システム

段階的スキルアップを図るプログラム

段階的スキルアップを図るプログラム

教員と学外指導者とのトライアングル指導

教員と学外指導者とのトライアングル始動

ALL INDEX