沿革

ルーテル学院大学の歩み

2018年に創立109周年を迎えました。
1909(明治42)熊本市に路帖神学校開校
1909神学校開設①
1921(大正10)九州学院神学部専門学校として認可
1925(大正14)東京・中野区鷺宮に移転、日本ルーテル神学専門学校(旧制)に名称変更
1925②
1943(昭和18)第二次世界大戦中は日本基督教団・日本東部神学校となる
1950(昭和25)日本ルーテル神学校として再開
1950日本ルーテル神学校再開③
1953(昭和28)日本ルーテル教団は東京・千代田区飯田橋に神学院を開設
1964(昭和39)日本ルーテル神学大学(神学部神学科)設置認可
1969(昭和44)現在の三鷹キャンパスに移転
1969三鷹移転④
1976(昭和51)神学部神学科にキリスト教社会福祉コースを設ける
1987(昭和62)文学部 神学科・社会福祉学科に改組
1992(平成4)神学科10名・社会福祉学科60名に定員増。神学科にキリスト教とカウンセリングコースを設ける
1993(平成5)ブラウンホール竣工
1996(平成8)ルーテル学院大学に名称変更
2000(平成12)社会福祉学科80名に定員増、神学科編入定員を10名に設定
2001(平成13)大学院人間福祉学研究科・社会福祉学専攻(修士課程)を開設
2004(平成16)大学院人間福祉学研究科・社会福祉学専攻(博士後期課程)を開設
2005(平成17)総合人間学部に名称変更し、社会福祉学科・臨床心理学科・キリスト教学科の3学科に改組。定員を60名・30名・10名に。大学院総合人間学研究科に名称変更。大学院臨床心理学専攻(修士課程)開設。
2006(平成18)年トリニティホール竣工 大学院臨床心理学専攻が日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学として指定を受ける
2006トリニティホール⑤
2008(平成20)ルターホールリニューアル
2009(平成21)編入学定員を設ける。
2014(平成26)人間福祉心理学科に再編し、5コース制を開始。
ALL INDEX