マルティン・ルター

マルティンルター

「ルーテル」とは「マルティン・ルター」

「ルーテル」とは、宗教改革者マルティン・ルター(Martin Luther)のこと。ルターは「自分のためでなく、隣人のために生きて仕える生に神の祝福があるように」という言葉を残しており、本学のキリスト教教育の基盤となっています。
 Lutherを明治の人は「路帖」と漢字で書き表し、「るうてる」と読んだそうです。人名の読み方はルターと改まりましたが、古い読み方がこの学校や教会の名前に残っているのです。

聖書との取り組み・教会の改革(1483-1546)

ルター

マルティン・ルター(1483~1546)はドイツの宗教改革者です。農民の子として生まれましたが、炭鉱夫として成功をした父の意思からエルフルト大学で一般教養を学び、法学を学びます。将来を嘱望された学生でした。ところがある日、雷に死の恐怖を味わい、ルターは修道士になる請願をたてました。そして、アウグスチヌス派の修道会に入り、神学を修め、やがてヴィッテンベルク大学で聖書を教えるようになりました。
彼は、聖書の学びを通して、神様の愛を深く理解するようになり、本当の救いの喜びは人間の条件によって与えられるのではなく、ただ、神様の恵みによって、その人の信ずる信仰を通して与えられるものであるということを知るようになりました。それは、当時の教会が教え、また彼が学んできた神学の考えとは異なっていたのです。当時、教会は救いのためには、信仰はもちろん大事だけれども、それだけではだめで、善い行いをして自分の罪の償いをしなければ救われないと教えていたのです。善いことをすれば天国に行けるけれど、この世で悪いものであったその程度に応じ、天国に行く前に煉獄で、自分の罪を清めなければ救われないというのです。その善い行いにはいろいろな宗教的な行ないが求められましたが、贖宥状(いわゆる免罪符もしくは免償符)を買うことも求められたのです。当時の人々はこれを買って、善いことをして、煉獄にいる自分の肉親が早く天国に救われることを願っていたのです。しかし、この考え方に対してルターは有名な「95箇条」の質問をし、救いがただキリストを信ずることによってのみ与えられることを説いたのです。彼の教えは、異端的なものとされ、ついに国会で審問を受けることになりました。しかし、ルターはこの教えを聖書に基づいて主張をし、これを撤回せず、破門ばかりではなく神聖ローマ帝国から「追放刑」を受けることになりました。

ルターは自分を支持してくれる領邦主に守られ、教会の圧迫に屈せず、説教と著作、また大学の講義を通して、教会全体の改革を呼びかけ続けたのです。それは、それまでのように教会が一部の聖職者が独占する場所のようであったことを改革し、聖書のドイツ語訳や礼拝の改革によって、全ての民衆一人ひとりに神様の愛が届くようにという思いにあふれた改革であったのです。

ルーテル教会

ルターは教会全体の改革を目指していましたから、自分の名前がつくような教会が建てられることを決して望んではいませんでした。しかし、当時のカトリック教会から破門されてしまった後、同じ信仰に立つ教会が集まり、結果として「ルーテル教会」と呼ばれるようになりました。この教会は、北ドイツから、北欧各国、ヨーロッパに広がって大きな勢力となりました。

日本のルーテル教会

日本にキリスト教がはじめて伝えられたのは16世紀半ばのことですが、その後200年にわたる鎖国・切支丹禁制がキリスト教会に大きな迫害・弾圧となり、キリストの教えは伝えられませんでした。1859年に再び宣教が始められますが、ルーテル教会は1893(明治26)年にアメリカからの宣教師が礼拝を始め、7年遅れでフィンランドから、戦後はノルウェー、ドイツ、デンマーク、スウェーデンなどから宣教師が送られて、宣教を始めました。その結果、日本福音ルーテル教会、日本ルーテル教団を始めルーテル系諸教会が生まれ、全国に教会が広がり、2万5千人以上の信徒がいます。地域に根ざした教育事業や社会福祉事業に熱心に取り組んできたことはひとつの特徴といえるでしょう。日本福音ルーテル教会と日本ルーテル教団とが、本学の設立母体で、現在もあらゆる側面で本学を支えています。

世界のルーテル教会

現在、宗教改革者ルターの信仰の伝統を持っている「ルーテル教会」は、世界中に7,500万人以上の信徒があり、特に、ドイツや北欧、アメリカまたアフリカなどに広がっています。プロテスタント教会では世界で最も大きい教派ということができます。ルーテル教会は、「信仰のみ」「恵みのみ」「聖書のみ」という三大原理と呼ばれる教えを継承し、「アウグスブルグ信仰告白」と「小教理問答」という同じ信仰告白を持っていますが、ルターの宗教改革のときと同じく、それによって世界中の教会がひとつに結ばれていく一致を目指しています。スイスのジュネーブに本部を持つルーテル世界連盟(LWF)は、世界中のルーテル教会が共に助け合い、協力しながら、世界中でキリストの愛を伝える宣教、また様々な救援活動、地域の開発援助、奉仕事業を展開していく手助けをしています。

新しい時代のなかで

1999年10月31日に、ルーテル世界連盟が、ローマ・カトリック教会と共に、歴史に残る大きな意味を持つ、「共同宣言」をしました。それは、あの16世紀に破門をし、断罪しあうような間柄になってしまった二つの教会のあいだには、もはや、当時のような争いは成り立たないということを表す宣言です。二つの教会を分かつ教えとされた教理において、ここまで一致し、互いを理解し、認め合うことができると宣言しています。同じキリスト教といっても、実際にはそれぞれの歴史のなかで、教会はたくさんの教派や分派に分かれて来ざるを得ませんでした。しかし、今日では、その諸教会が和解と一致を持って世界に仕えていく動きが生まれてきています。
ALL INDEX