建学の精神・教育方針

建学の精神

「キリストの心を心とする」
「汝らキリスト・イエスの心を心とせよ」(新約聖書ピリピ書第2章5節・文語訳)
本学は、キリストの心を心とし、愛と奉仕と福音宣教に生きる人を育てる。なぜなら、キリストは一人ひとりと出逢い、十字架の愛により、その一人ひとりを生かしているからである。

建学の精神

本学の使命(ミッション)

「一人ひとりを大切にする教育」を通じて
「キリストの心を心として神と世に仕える」人材を育成する

教育目的

「心と福祉と魂の高度な専門家を養成する」

教育研究上の目的

総合人間学部

本学はキリスト教を基盤とした人格教育のもと、ルターの宗教改革の精神に基づき「キリストの心を心とし神と世に仕える人材」、特に心と福祉と魂の高度な専門家を養成する教育事業を、教育基本法及び学校教育法に従って行うことを目的とする。

本学のキリスト教精神のルーツともいうべき宗教改革者マルティン・ルターは、「自分のためでなく、隣人のために生きて、仕える生に神の祝福があるように」という言葉を残している。本学は、そのルターの精神を継承し、キリスト教的人間理解に立ち、今日の社会における様々なニーズを持つ人々のために働き・奉仕する人材を養成することを目的としている。特に生活上の困窮を持つ人々に寄り添う社会福祉、心に悩みを持つ人々に寄り添う臨床心理、そして生きる意味や意義を問い求めるスピリチュアルな課題を持つ人々に寄
り添うキリスト教の三つの専門教育を通して、学生一人ひとりが包括的・全人的人間理解を身につけ、いのちと世界についての深い理解と洞察を持ち、対人援助の心を涵養し、具体的な援助の知識と技術を身につけることを本学部の目的とする。

すなわち、キリスト教的人間理解を進め、「キリストの心を心とする」愛に根ざした援助者の育成を目指す。

人間福祉心理学科

本学科は、人々の生活の困窮に寄り添う社会福祉、心の悩みに寄り添う臨床心理、そして生きる意味や意義を問い求めるスピリチュアルな課題へ寄り添うキリスト教の教育を一体として提供し、学生一人ひとりが包括的・全人的人間理解を身につけ、いのちと世界についての深い理解と洞察力を持ち、対人援助の心を涵養し、具体的な対人援助の知識と技術を身につけることを目的とする。

総合人間学研究科

本大学院は、人々が直面する生活及び心の問題に、より専門的、総合的に対応すべく、高度の社会福祉と臨床心理および関連領域の知識と実践能力を備えた、対人援助専門職の養成を目的とする。

社会福祉学専攻

博士前期課程
高度な専門職業人としてソーシャルワーカーの養成を目指す。また、社会福祉施設・機関における運営・管理者の養成を目指す。

博士後期課程
社会福祉学の研究者及び教育者の養成を目指す。
また、社会福祉の実践理論と法政策に通じた施設・機関の運営管理のエキスパートを養成する。

臨床心理学専攻

本学の基礎をなすキリスト教精神―愛と献身―の心をもって、人々と接することができる専門家の養成を目指す。また、心理・教育・医療機関などの臨床の現場で高度な専門知識と技術を駆使することができる臨床心理の専門家を養成する

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

総合人間学部

ルーテル学院大学は建学の精神に基づき、人間を包括的にとらえて、「心と福祉と魂の高度な専門家」を養成することを目的とします。特にいのち、心、子どもと家族、障がい者や高齢者、地域社会などを総合的に捉える力を養います。
この目的にそった人材を育成するために、これまでの学習および経験を通じて下記のような意欲・態度・知識を有する学生を求めます。

1.人と社会に貢献する意欲
人を理解し支援するための知識や技術を学びたいと願い、自分の人生を人と社会のために役立てたいという意欲を持っている学生を求めます。

2.基礎的なコミュニケーション能力
自分の考えをまとめ、他者の思いを理解するためのコミュニケーションの基礎的な能力を身につけている学生を求めます。

3.主体的に調べ、考え、学ぶ積極的な姿勢
社会や人間に対し多面的な興味をもち、主体的に調べ、考え、学ぶ積極的な姿勢がある学生を求めます。

4.他者と協働して学ぶ態度
他者と協力しておこなう学習・活動に参加でき、必要に応じて、自分の考えを主張したり、他者の考えを取り入れたりすることができる学生を求めます。

5.基礎的な学力
対人援助の専門職に必要な知識を修得するための基礎的な学力をもっている学生を求めます。

6.本学の教育の特色の理解
本学が一学科のもとで提供する福祉相談援助、地域福祉開発、子ども支援、臨床心理、キリスト教人間学の5つのコースの特色を理解している学生を求めます。

上記のような学生の力を正しく判断するために、多様な選抜方法を実施し、面接を重視して選抜します。

総合人間学研究科

ルーテル学院大学大学院(以下「本大学院」という)は、学校教育法第99条が掲げる教育目的、すなわち「学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめること」、および「高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うこと」、そして、社会福祉学及び臨床心理学の分野において、総合人間学の構築目指し、文化の進展に寄与することを目指している。

以上の認識に立ち、本大学院は、より高度な専門性を身につけ、学問領域と実践の架け橋のできる研究者・実践者も教育を目指して教育を積み重ねている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

総合人間学部

Ⅰ.教 育 内 容

1.キリスト教といのちについての学びを深める教育
キリスト教を基盤とした人格教育の提供、および、キリスト教といのちについて学びを深める教育をします。

2.生命について学び、生きる力を体得する教養教育
生命・環境について広く学び、コミュニケーション能力を高め、生きる力を体得し、キャリアを築く力を育む教養教育を提供します。

3.世界の言語・文化・社会の理解を深める国際教育 
実践的なコミュニケーション能力を習得する語学教育、世界の宗教・文化・社会の理解を深める専門教育、海外研修・海外インターンシップ・留学の機会の提供と個別支援を通して国際教育を提供します。

4.総合的に人間についての学びを深める総合人間学教育
社会福祉学、臨床心理学、キリスト教学に基づいた専門教育と教養教育を基盤に、自己を理解し、総合的・包括的な人間理解と他者支援ができる教育を提供します。

5.キャリア形成に結びつく専門教育
専門科目の体系的履修を通して、生涯を通してのキャリア形成に資する教育を行います。社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師等の国家資格取得の支援、および、臨床心理士や牧師を目指す人の進学支援を行います。

6.思索力を育み、能動的な学びを促す少人数教育
学年ごとに少人数による演習科目を設け、また、卒業演習や卒業論文執筆などを通して学びを統合させ、思索力を育み、能動的な学びを促す教育を提供します。

7.実習、インターンシップを核とした体験重視の実践教育
本学での学びと具体的な他者支援や社会での働きの現場での体験を通し、理論と実践を有機的に結びつける場として、専門領域の実習、国内・海外インターンシップ等の機会を数多く用意し、実践的な教育を行います。

Ⅱ.教育方法

初年次には、オリエンテーション、履修指導の個別面接の複数回実施、少人数の演習科目を提供することなどを通して、専門教育への円滑な移行を支援します。
演習科目はもちろん、講義科目においても、少人数グループに分かれてのディスカッション、ロールプレイ、事例検討など、実践的な力を養う参加型の教育方法を用います。
アクティブラーニングの実施、リフレクションペーパーの提出などを求め、思索の深化・思いの言語化をさせ、自律的に調査研究する能力を高めます。
全ての学生が卒業までに、専門領域の実習、国内・海外インターンシップのいずれかを履修できるよう実践的な教育の機会を保障します。

Ⅲ.評 価

学生の履修や履修効果を確認するために、講義概要に科目の評価方法を明記し、5段階評価をします。GPA制度を採用し、在学生の履修指導に活用します。

このようなカリキュラム履修を通して、学生は人間性、総合的・実践的な学習能力、コミュニケーション能力および他者支援に必要な高度な専門性を身につけます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

総合人間学部

ルーテル学院大学は、建学の精神に則り、人間を包括的にとらえる「心と福祉と魂の高度な専門家」を養成することを目的とします。この目的を実現するために、「キリスト教的人間理解」を基盤として、「福祉」「子ども」「心理」を学際的に学べる専門教育と教養教育とを中心として、人間を総合的に理解し援助する力を養うためのカリキュラムを提供します。
その中から、学生各自の関心と目的意識に応じて、必修科目を含む所定の単位を履修し、それによって下記の資質と能力とを獲得した者に対して、卒業を認め、学士(総合人間学)の学位を授与します。
1.いのちを尊び、他者を喜んで支える人間性
自己理解を深め、豊かな人間性を身につけて、自然・文化・宗教・歴史を重んじ、さまざまな条件のもとにある一人ひとりの人間のいのちと価値を尊び、他者を理解し支え、共に生きることを喜ぶことができるようになること。

2.全人的なヒューマン・ケアに必要な高度な専門性
心と福祉と魂の高度な専門職に必要とされる価値、知識、技術を身につけ、深く総合的な人間理解に立って、個人の痛みを癒し、人権と生活を守り、人間性豊かな人生を送ることができるよう援助できるようになること。また、そのような人生を送ることを可能にする社会の形成に貢献できるようになること。

3.総合的・実践的な学習能力
ものごとの本質を把握し、問題点の発見、分析、事態の改善、解決策の提言をし、実行できるようになること。そのために、必要とされる他の人々との協働作業を創り、積極的に参与できるようになること、さらに、それを生涯にわたって伸ばしていける学習能力を身につけること。

4.他者理解と自己表現のためのコミュニケーション能力
コミュニケーション能力を身につけ、他者の思いや考えの理解と抱えている問題への共感、自己の思索の深化と思いの言語化、人間関係の構築、意見の交換、社会への考えの表明などを、状況に応じて適切に行うことができるようになること。

総合人間学研究科

ルーテル学院大学大学院総合人間学研究科社会福祉学専攻は、人々が直面する生活及び心の問題に、より専門的、総合的に対応すべく、高度の社会福祉と関連領域の知識と実践力を備えた対人専門職、運営管理者、研究者の養成という教育目標を掲げて、それを実現するために社会福祉と関連領域の理論と援助技術に関する総合的な知識と実践技術を教授する教育課程(カリキュラム)を実施している。その課程を修了して学位が授与されるためには、学生には以下のことが求められる
  1. 博士前期課程にあっては、広い学識と、高度な専門的知識や技術を備え、専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を身につけているかどうかが、課程修了の目安となる。
  2. 博士前期課程にあっては、所定の年限以上在籍して、設定した授業科目を履修し、基礎演習科目、専門科目、専門演習、実習の各々から所定の単位以上を修得し、自由選択科目を含め36単位以上を修得することが学位授与の要件である。さらに、修士論文・特定課題研究報告書の審査および試験に合格することが必須である。
  3. 博士後期課程にあっては、研究者として自立して活動し、あるいは指導的な高度の専門業務に従事するために必要な能力や知識を身につけているかどうかが、課程修了の目安となる
  4. 博士後期課程にあっては、所定の年限以上在籍して、教育と研究の理念と目的に沿った研究指導を受け、所定の修業年限内に博士論文の審査および試験に合格することが、課程修了の要件である。
  5. 博士前期課程および博士後期課程の修了に際しては、確固たる社会正義と人権意識を持ち、自らの研究を遂行する能力を身につけているかどうかも、考慮されるべき重要な点となる。
ALL INDEX