人間福祉心理学科概要

誰かの役に立ちたい ” 想い ” をカタチにする
人間福祉心理学科

5つの学問が総合的に学べる人間福祉心理学科は、2年進級時までに自身の関心と目的意識や目指す資格に応じてコース選択が可能です。また、コース横断で全ての授業が履修できる学際的なカリキュラムにより、自由に学びのデザインが可能で、一人ひとりの 「誰かの役に立ちたい」 という“想い”を具体的なカタチにします。

福祉相談援助コース

子ども支援コース

キリスト教人間学コース

地域福祉開発コース

臨床心理コース

学びの流れ・コース選択

「誰かの役に立ちたい」という”想い”をカタチにしていくため、5つのコース制でより明確なキャリア形成を支援し、資格取得に最適なコースや履修モデルを示していきます。入学後に全コースのオリエンテーションを受け、自分の適性、将来の夢、具体的な進路を明確にし、2年次進級までにコースを決定します。
学びの流れSP 学びの流れ

コースを最終的に選択するのは、2年次に進級するタイミング。1年間学び、将来の夢や進路を考えた上でのコース選択が可能です。
コース選択の流れSP コース選択の流れ

学びの特徴

総合的に人間についての学びを深める「総合人間学教育」

社会福祉学、臨床心理学、キリスト教学に基づいた専門教育と教養教育を基盤に、自己を理解し、総合的・包括的な人間理解と他者支援ができる教育を提供します。

生命について学び、生きる力を身につける「教養教育」

生命・環境について広く学び、コミュニケーション能力を高め、生きる力を身につけ、キャリアを築く力を育む教養教育を提供します。

キャリア形成に結びつく「専門教育」

専門科目の体系的履修を通して、生涯のキャリア形成に役立つ教育を行います。

具体的なキャリア形成

学生の「誰かの役に立ちたい」という想いをカタチにしていくため、「一人ひとりを大切にする」教育を通して「一人ひとりを大切にする」人材を養成します。5つのコース制で、より明確なキャリア形成を支援し、資格取得に最適なコース(履修モデル)を示していきます。就職・進路に関しても入学時から面接やガイダンスが実施されます。

学際的な学びの広がり

社会福祉、臨床心理、キリスト教の3つの学問領域から成り立つ「総合人間学部・人間福祉心理学科」のもと、キリスト教的人間理解をもとに「心理も」「福祉も」学ぶ学際的なカリキュラムを提供します。入学した学生は、総合的・包括的に人々を支えていく専門職に育っていきます。

柔軟なカリキュラム編成

大学2年進級時にコースを選択します。受験をする段階では、将来像が漠然としている人も多いでしょう。入学後に学生は、全コースのオリエンテーションを受け、自分の適性、将来の夢、具体的進路などを明確にし、コース選択をしていきます。学生は、コースの枠を超えて、学びを深め、資格を取得することもできます。

コミュニケーション能力の重視

コミュニケーション能力の重視

ルーテルの語学科目群は、すべて外国人教員による徹底した少人数教育。本当は日本語も流ちょうな教員が、教室では、担当する言語でしかコミュニケーションをしない徹底ぶりです。それゆえ、ルーテルで学ぶと語学力が格段に伸びます。あなたのキャリアプランを確実に実現へつなげます。

多文化を理解する教育

多文化を理解する教育

他者を理解するためには、他文化を理解する必要があります。自分が育った文化以外の異なった文化の視点、考え方にふれることを通し、開かれた見方からものごとを見極め、吟味していくことができる道を提供します。グローバルな視点をもち、世界を舞台に活躍できる人材を養成します。

学士力の基盤づくり

学士力の基盤づくり

「自然」、「社会」、「文化」について、多面的で幅広い教養を身につける教養の科目群。確かな学士力の基盤づくりを行います。語学力、理解力、情報収集能力、情報処理能力、発表能力など幅広いコミュニケーション能力を養成し、専門教育を深め、発展される力を養います。

キリスト教精神にもとづく全人的教育

キリスト教精神にもとづく全人的教育

ルーテルの使命に基づき、キリスト教精神に基づく全人的教育がなされます。人間味あふれ、他者を思いやる力のある、本当の生きる力を養う教育です。また、聖書やキリスト教概論を学ぶことにより、世界を、西洋文化をより深く理解する素地づくりを行います。

留学プログラム

語学を通して、他の文化の考え方に触れる。グローバル市民としての素養を育て国際感覚を身につける。

語学を通して異文化へ

自分が育った文化以外の異なった文化の視点、考え方にふれることを通し、文字どおり自由な開かれた(liberal)見方から物事を見極め、吟味していくことができるようになる道を提供するという意味で、教養「Liberal Arts (自由な/開かれた学術・学芸)」プログラムの重要な一部として、語学カリキュラムを位置づけています。

積極的なグローバル市民の道具として

開かれた(liberal)見方を備えて国際的な視点をしっかりと持ち、グローバル市民としての自覚を深め、他文化を理解(passive involvement)するだけにとどまらず、国際社会に積極的に参加(active involvement)していく人材を養成するために、充実した語学カリキュラムが用意されています。

専門分野で語学力を

ルーテルでは、教養科目としての語学の他に、社会福祉学科、臨床心理学科、キリスト教学科の専門科目の中でも各専門分野の語学力を充実させるための科目を開講しています。

留学への道は君たちに開かれている!

ルーテルは大学としては小規模ですが、世界のルーテル教会をはじめとする様々な教会・機関とのネットワークに恵まれています。そのおかげで、基本的な語学力さえ備えていれば、諸外国に留学して神学・社会福祉の分野でグローバルな視点からの学びを実践する道が開かれています。

学科長メッセージ

本学では一人ひとりの顔が見える小さな大学ならではの授業が展開され、その結果が国家試験や就職に反映されています。
みなさんも、小さな大学で先輩たちと一緒に勉強してみませんか。話は変わりますが、私は以前、京都の大学で教えていたとき、「阪神淡路大震災」にあいました。そして、「新潟県中越地震」では私の実家も被災しました。そのどちらもの地域にもみられたのは、多くのボランティアの人たちの働きでした。被災者を助け、励まし、地域にとけこんでいるボランティア。それが当たり前のようにできる人たちが、本学からたくさん育っています。みなさんも、福祉の心を学びにきませんか。

金子教授

金子和夫 学科長・教授
ALL INDEX