コース紹介

臨床心理

概要

臨床心理コースでは、人のこころの成り立ちと働きの理解を深めるため、様々な領域の心理学、こころの状態を知るために必要な心理学研究法、こころの支援のための心理療法や面接技法などを、講義、演習、実習体験を通して学びます。将来、臨床心理学の知識や技術を活かして社会で活躍する人材を養成します。また、公認心理師や臨床心理士資格を目指す学生の基礎力と大学院進学を支援します。本学は日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院を併設しており、修了生は、病院や企業の臨床心理士やスクールカウンセラーとして活躍しています。

学びのポイント

臨床心理コース_sp 臨床心理コース

「公認心理師」養成に対応したカリキュラム

臨床心理コース、子ども支援コース、大学院臨床心理学専攻は2018年度より「公認心理師(国家資格)」養成のカリキュラムに対応しています。
公認心理師制度についてはこちら

公認心理師4

対人援助が必要な現場での実践力を養成

心理学や心理療法の理論など、心理面接技法、箱庭、コラージュ、自律訓練法などの様々な実技を体験的に学べる実践重視の参加型授業を数多く用意しています。さらに、学部教育レベルでは数少ない病院などでの豊富な「臨床心理実習」を通じて、対人援助が必要な現場での実践力を養成します。
→臨床心理実習についてはこちら

臨床心理実習 (2)

学部4年と修士2年を連結した6年一貫特進生制度

●公認心理師、臨床心理士といった臨床心理学を専門とする専門家を目指す方たちのために、学部4年と修士2年を連結した「6年一貫特進生制度」があります。 →「6年一貫特進生制度」についてはこちら

6年一貫

高い「臨床心理士」合格率を誇る大学院を併設

本学は日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院を併設しており、大学院修了後は「臨床心理士資格試験」の受験資格が得られます。臨床心理専攻の修了生の多くは、臨床心理士として活躍しています。 →臨床心理士資格試験合格率はこちら

大学院2

世界の臨床心理を肌で体感できる、海外研修

国際プログラムの一環として、隔年でイギリスやアメリカでの海外研修を行っています。通常の観光ではなかなか行くことのできない、ホスピスやグループホーム、HIV専門病院などの施設を実際に訪れ、海外の臨床心理の現場を直接肌で感じる貴重な体験ができます。

North London Hospice にて

ALL INDEX