専攻紹介

臨床心理学専攻

理念

キリスト教精神 -愛と献身の心- をもって、一人ひとりの尊厳を大切に人と接し、高度な専門知識と技術を駆使できる臨床心理の専門家を養成します。

2つの研究領域

生物・心理・社会モデルにスピリチュアルの次元を加えて人を包括的に理解しようとするBiopsychosocial-Spiritual モデルが提唱されています。

心理領域

こころの健康を支えるために必要な心理アセスメント・心理支援・臨床心理研究・他職種協働・心理教育に必要な専門性を養います。
人の理解と支援の基盤となるSpiritualの次元について深く追求し、キリスト教信仰の中核となる「人間の魂のケア」について理論と実践を学びます。

専門性を高める科目と豊富な臨床実習

臨床心理学の核となる、心理臨床的な態度・アセスメント・面接技法・科学的思考の理解と習得を重視します。実習は学内併設の「臨床心理相談センター」で行い、学生は全員、クライエントの心理面接・心理検査などを担当し、熟練の現場経験を持つ臨床心理士(教員)のスーパーバイズを毎回受けることができます。学外実習では、デイケアの運営、精神科診断面接の陪席、クリニックの受付、インテークの補助、不登校の児童・生徒の支援、子ども家庭支援の現場などで実践研修を重ねます。

公認心理師にも対応した充実のカリキュラム

大学院2

臨床心理士の資格を持った専任教員が、受験資格取得に必要な科目に加え、心理療法に関する本学独自の科目を提供しています。認知行動療法、交流分析、心理査定法、集団精神療法、芸術療法、児童臨床心理など一歩先まで学べます。また、学外からも第一線の教授陣が加わり熱心に指導しています。
※本学の臨床心理コース、大学院臨床心理学専攻は2018年度より「公認心理師(国家資格)」養成のカリキュラムに対応しています。

研究の力を育てます

大学院1

臨床心理の力は2年間で完成しません。大学院修了後も学び続ける力が大切です。また臨床心理の実践には科学的思考が不可欠です。人々が直面している課題を理解し、支援方法の効果を検証し改善するなど、臨床心理の実践に役立つ研究力を養います。特別研究(ゼミ)と専攻全体での中間発表や最終発表を通してきめ細かい指導を受け、2年間かけて修士論文を執筆します。

臨床経験豊かな講師陣

臨床心理学の核となる心理療法に関する科目は特に充実しており、さらに独自の科目を提供しています。認知行動療法、精神分析的心理療法。集団精神療法、交流分析、児童臨床心理、パストラルケア、臨床死生学など、それぞれの心理療法の経験豊かな講師陣による教育が受けられます。

大学院プログラム「ターミナルケア・グリーフワークのトレーニングプログラム(CTTP)」

臨床死生学トレーニングプログラム(CTTP)は、2012年度に大学院総合人間学研究科博士前期課程開設10周年記念プログラムとして新たに開設されました。これは、大学院レベルでのターミナルケアとグリーフワークの研究のための演習・実習を包括的に展開する新しいトレーニングプログラムです。 本プログラムは、大学院修了後、臨床死生学の実践に携わることを目指している大学院生、本学および他大学修士課程を修了した者(研究生登録が必要)を対象に、専攻・専門に関わらず副専攻的に臨床死生学の演習・訓練や実習を提供することを目的としています。

入試・オープンセミナー

臨床心理学専攻では、教育内容および入試に関するご相談を随時受け付けております。
ご相談内容を明記の上、お問い合わせフォームから、または企画広報センター(koho@luther.ac.jp)宛にご連絡下さい。

専攻主任メッセージ

臨床心理学専攻主任
加藤 純 教授

何のために生きるのか、生きる意味を見失い、答えを探している人達と臨床心理士は出会います。臨床心理学は、人間の心の働きの研究を基にして、人が幸せに至る道を探ることを支援します。人を理解すること・支援することの難しさを自覚しつつ、少しでも支えになれるように、ルーテル学院大学大学院では、臨床心理の知識と技術を培う実践的な教育に力を注いでいます。しかし、価値観が伴わない知識や技術は人の尊厳を傷つけます。実践的な教育の基盤には、人の幸せや苦しみ、生や死など、価値観や理念について考える教育があります。価値観に裏打ちされた知識や技術を身につけられるように一緒に学びましょう。
ALL INDEX