専攻紹介

理念

キリスト教精神 -愛と献身の心- をもって、一人ひとりの尊厳を大切に人と接し、高度な専門知識と技術を駆使できる臨床心理の専門家を養成します。

2つの研究領域

2つの研究領域

臨床心理援助方法研究領域

臨床心理士の受験資格取得に必要な科目を提供し、一人ひとりの問題の理解と解決に必要な専門性を養います。

キリスト教と臨床心理学研究領域

キリスト教と臨床心理学研究領域では、キリスト教信仰の中核をなす「人間の魂のケア」についてもその理論と実際を学びます。

充実したカリキュラム

臨床心理士の資格を持った専任教員が、受験資格取得に必要な科目に加え、心理療法に関する本学独自の科目を提供しています。認知行動療法、交流分析、心理査定法、集団精神療法、芸術療法、児童臨床心理など一歩先まで学べます。また、学外からも第一線の教授陣が加わり熱心に指導しています。
※本学の臨床心理コース、大学院臨床心理学専攻は「公認心理師(国家資格)」養成に対応したカリキュラムを準備しています。

学びの特長

本学は第一種指定大学院として豊かな実習経験を積むことができる体制が整っています。
学内にある「臨床心理相談センター」では、1年の後半から実践面接が始まり、教員のスーパーバイズを受けながら、クライエントの面接を担当します。
学外の実習機関が充実しているのも本学の自慢です。病院では、デイケアの運営補助、精神科診断面接の陪席、インテークの補助などを実習します。また、適応指導教室で不登校の子どもたちと接したり、子ども家庭支援センターでの地域支援体験など、多彩な実習先が数多く確保されています。これらの体験に対して、資格もつ専任教員が実習内容の報告を踏まえて、各自の課題に対し、きめ細かい指導を行います。

大学院プログラム「ターミナルケア・グリーフワークのトレーニングプログラム(CTTP)」

臨床死生学トレーニングプログラム(CTTP)は、2012年度に大学院総合人間学研究科博士前期課程開設10周年記念プログラムとして新たに開設されました。これは、大学院レベルでのターミナルケアとグリーフワークの研究のための演習・実習を包括的に展開する新しいトレーニングプログラムです。
本プログラムは、大学院修了後、臨床死生学の実践に携わることを目指している大学院生、本学および他大学修士課程を修了した者(研究生登録が必要)を対象に、専攻・専門に関わらず副専攻的に臨床死生学の演習・訓練や実習を提供することを目的としています。

研究の力を育てます!

臨床心理の力は2年間で完成しません。大学院修了後も学び続ける力が大切です。
また臨床心理の実践には科学的思考が不可欠です。人々が直面している課題を理解し、支援方法の効果を検証し改善するなど、臨床心理の実践に役立つ研究力を養います。
特別研究(ゼミ)と専攻全体での中間発表や最終発表を通してきめ細かい指導を受け、2年間かけて修士論文を執筆します。

大学院オープンセミナー

ルーテルでの学び、その一端をを知っていただくために、授業を体験できる企画です。ご都合のよいプログラムだけの参加も可能な内容です。ぜひご参加ください。<予約制>
臨床心理学専攻では、教育内容および入試に関するご相談を随時受け付けております。
ご相談内容を明記の上、お問い合わせフォームから、または企画広報センター(koho@luther.ac.jp)宛にご連絡下さい。

教員紹介

様々な心理療法の経験豊かな講師陣

臨床心理学の核となる心理療法に関する科目は特に充実しており、さら独自の科目を提供しています。認知行動療法、精神分析的心理療法。集団精神療法、交流分析、児童臨床心理、パストラルケア、臨床死生学など、それぞれの心理療法の経験豊かな講師陣による教育が受けられます。

専攻主任メッセージ

加藤 純 教授 臨床心理学専攻主任
人間は誰でも幸せになることを願って生きています。幸福を得ようとして自分だけを愛しても幸福に至ることはできません。隣人を愛することと自分を愛することを統一することなしには、真の幸せはないように思われます。

子どもや青少年の問題、家庭や社会や国際関係の問題など、多くの問題の根底にあるのは他者を愛することと自分を愛することの間の緊張関係の問題です。

臨床心理は、人間の心の動きの研究を基にして、個々の人間が幸福に至る道を探ろうとします。臨床心理は、また、隣人の幸いを目標として、隣人に奉仕する学問であろうとします。

ルーテル学院大学では、人を支援するための知識と技術を磨く実践的な教育に力を注いでいます。知識や技術だけでなく、人の幸せや苦しみ、生や死などについて考え、人生観や価値観を見直し深める機会も大切にしています。多くの皆様のご応募を心よりお待ちしています。
ALL INDEX