過去の学位論文

学位論文

2015年度

  • 職場のインフォーマル・フォーマルコミュニケーションはどのように労働者の健康に役立つか?
    —働き方タイプと職場ストレス・ストレス反応に着目して—
  •  「非異性愛者」の「セクシュアル・アイデンティティ」構築プロセスの再検討
    —カテゴリーと自己認識との関係性に着目して—
  • HIV陽性者をパートナーとして持つ陰性パートナーの心理過程についての考察
  • 発達障害児の自己肯定感向上のための支援
    —施設職員へのインタビューから明らかになった子どもの課題と支援方法と効果の関連—
  • 日本人就業者の働き方と職場内での対人ストレスに対する対処法略
    —ワーク・エンゲイジメントとワーカホリズムの違いに着目して—
  • Twitterへの自分撮り投稿行為の分析
    —自己愛に着目して—
  • 現代青年における内受容感覚への気づきとEgo-Resiliencyの関係
  • 大学生が学習意欲を維持するために用いる方略
  • 大学生の就職活動におけるキャリア成熟度と自己効力・職業的不安・ソーシャルサポートの関係
  • 大学生の境界性パーソナリティ傾向者における見捨てられスキーマと安心さがしの関連
  • 配偶者と死別した人の複雑性悲嘆の心理的過程の考察

2014年度

  • ミュージカル出演者のセカンドキャリア獲得プロセス
    —キャリア・トランジション期の当事者への社会的影響に注目して—
  • 日本の病院チャプレンが困難に対処しながら実践を展開するプロセス
  • 妊婦・母親支援の現状と子ども虐待予防のための「特定妊婦」支援の展望
    —支援者へのインタビューを通して—
  • 僧侶の相談業務に於ける方法論とその思想
  • 箱庭療法における基礎的研究
    —青年期の自己受容の特徴と箱庭作品の関連—
  • 大学生の私的自己意識による自立訓練法の主観的評価と客観的評価の関連性について
    —二次元気分尺度と自律神経の変化の観点から—
  • 児童養護施設職員が入所児の発するサインに気づき理解し対応するプロセス
    —子どもたちの日常生活を支える職員へのインタビューからの考察—
  • 不妊症治療中の心理的サポートの必要性について
    —夫婦コミュニケーションに着目して—
  • 青年期における主観的幸福感の要因と親の養育態度との関連
    —交流分析による人格適応論的視点を通して—
  • 現代青年の友人関係と信頼感及び社会的スキルの関連
  • 発達障害を抱える中学生の自己認知
    —定型発達児との比較—
  • 中年期の女性の死に対する意識
    —自己の”死の受容”についての考察—
  • 子どものレジリエンスはどう高められるか
    —人格適応論とエゴグラムを用いての分析—

2013年度

  • 問題飲酒者の配偶者の認識の変容プロセス
    —困り感からの解放に着目して—
  • 青年期における親性準備性と心理的自立の関連
    —男女別の分析による検討—
  • がんで配偶者を亡くした人の闘病生活から死別後の心理過程
  • 青年期における自己開示の研究
    —家族関係および精神的健康との関連から—
  • 子育てでお世話になった恩人に対する心理的負債の質的研究
    —母親が子育てで困った場合のエピソードの語りから—
  • 死産を経験した母親の心理的変容のプロセス
  • ポスト青年期におけるアイデンティティ探求過程
    —大学社会人入学者の人生経路分析—
  • 大学生に対する自律訓練法の実施方法の違いによる効果研究
    —自己睡眠と他者睡眠の違いから—
  • ユーモア感覚が及ぼす心理的効果の検討およびユーモア感覚形成の要因の検討
    —ユーモア群と一般群との比較—
  • 老年期におけるがん患者の親を支えた実子のケア体験プロセス
    —親のがん告知後から死別の看取りまでを支えたがん患者家族への支援の示唆—
  • 発達障害を持つ子どもの親子キャンプ参加による変化
    —量的データと行動記録・描画による検討—

2012年度

  • 学生のスピリチュアルペインと自我同一性・死生観の関連
  • 筋骨格系自覚症状と自我構造との関連についての探索的研究
  • 異性関係スキルの構造
    —成人の愛着理論を使用して—
  • 就学前の子どもを持つ母親の子育て仲間づき合いにおける感情を規定する要因について
  • 仕事を続けてきた母親がたどった自己形成のプロセス
    —<個としての私>と<母親としての私>の折り合いに着目して—
  • 特定不能のジェンダー・アイデンティティにおける発達多様性と発達過程に関する研究
    —Xジェンダー概念への帰属経験に焦点をあてた複線径路・等至性モデル(TEM)による—
  • 20代30代の就業者が抱える職場ストレスと対処行動がもたらす抑うつへの影響
    —9名のインタビューを交流分析理論によるエゴグラム・人格適応論を通して—
  • 自己愛がデートDVに及ぼす影響について
    —社会的暴力の側面から—
  • 認知症の親を介護する子の心理過程
    —親子の関係性と介護者のスピリチュアルペインの変容—
  • ふれ合い恐怖的心性・幼少期の感情の被受容イメージ・現在の被受容感の関連について
  • 医療機関を訪れる児童の心身の健康状態とその保護者のわが子理解の心的過程の考察
  • 一般病棟でターミナルケアを実践する看護師の看護プロセスと感情,思考,行動について
    —交流分析による人格適応論を用いたパーソナリティ理解の視点より—
  • 小児科病棟に勤務する看護師のプレパレーションに対する認識について
    —小児科におけるプレパレーションの必要性と普及の条件—
  • 療養病棟における高齢者のニーズ理解のプロセス
    —臨床心理士とソーシャルワーカーへのインタビューをもとに—
ALL INDEX