博士後期課程授業

科目名教員授業内容
高齢者福祉研究系市川一宏 教授今日の高齢者福祉政策を、サービス供給システム、権利保障システム、関連領域を含む総合的生活保障、日常生活圏域におけるフォーマル・インフォーマルケアシステム、サービスの専門性と専門職制、専門教育、国際比較等の視点から検討する。
社会福祉法制度研究系金子和夫 教授少子高齢化社会の急速な進展の中で、社会保障・社会福祉制度・政策の創設、改正も著しい変化が見られる。広く社会保障・社会福祉法制度・政策に関する知識の習得、研究発表、論文執筆についての指導を行う。
ソーシャルワーク研究系福島喜代子 教授ソーシャルワーク専門職の理論や方法のさらなる発展が求められ、社会福祉現場での相談援助の理論や方法についての研究に対するニーズも高まってきている。このような中、ソーシャルワーク、専門職スキル、精神保健福祉、権利擁護、家族支援などをキーワードとする研究について研究指導を行う。
社会福祉調査・高齢者福祉研究系山口麻衣 教授フォーマルなケアとインフォーマルなケアがどのように関連しつつ、地域において包括的なケアを作り上げることができるのだろうかなど、高齢者福祉研究やケア研究に関するテーマを中心に、社会福祉調査研究法についても体系的に学びを深め、各自のテーマで実証研究論文が執筆できるよう研究指導を行う。
障害者福祉研究系髙山由美子 教授ノーマライゼーションの理念が障がい福祉のみならず、社会福祉の営みを支える重要な理念として認識される中、地域共生社会の実現を目指した様々な施策や支援のあり方が模索されている。障がい福祉、地域包括ケア、利用者支援の仕組み、社会福祉専門職支援等の視点から研究指導を行う。
国際社会福祉研究系原島 博 教授グローバリゼーションの流れの中で、国際的相互関係が進展し、経済格差による貧困をはじめとする社会問題から人々の稼動による生活課題が増加している。社会開発、国際協力、国際ソーシャルワーク、多文化ソーシャルワークなどをキーワードとする研究について研究指導を行う。
キリスト教社会福祉・いのち学研究系石居基夫 教授福祉の様々な分野において人のいのちと尊厳を守ること、またスピリチュアルな領域の持つ意味をあらためて問い直す必要も生じてきている。この研究系についての研究指導は、主としてキリスト教といのち学について行う。
ALL INDEX