過去の学位論文

学位論文

2014年

  • 特別養護老人ホームにおける望ましいサポート体制 —スタッフとの聞き取り調査を中心に—
  • 子ども電話相談の受け手ボランティアの困難性
  • 支援を求めない高齢者に対するアプローチ —地域包括支援センターにおけるアウトリーチに焦点をあてて—
  • 児童養護施設入所児の人生の連続性を保障するための支援 ~入所理由や子どもの出自・家族背景に関する説明に焦点を当てて~
  • 性的マイノリティへの支援についての検討 —ゲイ男性のライフストーリーを通じて—

2013年

  • がん終末期患者家族の療養場所選択に対する退院支援におけるソーシャルワーカーの専門性 ―大学病院のソーシャルワーカーに焦点をあてて―
  • 事例検討会を構成する効果的な要素の探索 ―精神保健福祉士を対象としたフォーカス・グループ・インタビューより―
  • 精神障害者の職場定着支援における協働体制のあり方に関する研究 ―支援者の認識する困難性と実践の関連から―
  • 近代の社会事業雑誌・育児雑誌にみる育児観 ―読者相談欄等の記事分析を通して―
  • 知的障害のある人のアクセシビリティの阻害要因についての研究 ―総合福祉部会の知的障害当事者委員の発言の考察―
  • 生きざまを見つめ、尊厳を支えるグリーフワーク ―ひとの尊厳の保障とグリーフケアの専門性についての考察―
  • 母子生活支援施設における自立支援の意義 ~支援者のソーシャルワーク実践に焦点をあてて~
  • 過疎地域における知的障害者の地域生活移行に関する研究 ―都市部との比較を通して地域性を着眼した支援意識の差異の検討―
  • 一般科医療機関におけるアルコール使用障害をもつ患者への院内アウトリーチの必要性について ―ソーシャルワーカーにできること―
  • 医療ソーシャルワーカーのスピリチュアルケア実践の現状と認識 ―がん終末期患者家族の支援に焦点をあてて―
  • 災害ソーシャルワークの実践体制に関する研究

2012年

  • 高齢者の見守り支援の仕組みにおける個人情報の収集と共有に関する研究
  • 認知症高齢者の家族介護者支援―家族介護者の葛藤に焦点をあてて―
  • 行政と支援組織間の協働体制に関する研究 ―認知症支援モデル自治体の取り組みから―
  • 福山型筋ジストロフィー(FCMD)患者とその家族のニーズの特徴
  • 高齢女子犯罪者の支援についての研究
  • 急性期医療機関の連携におけるソーシャルワーク部門の独自的機能
  • 退院援助における特定機能病院のソーシャルワーカー部門の貢献 ~退院援助業務のアウトカムの視点による考察~
  • 地域包括支援センターと居宅介護支援事業所との機関間の協働体制を促進させる方策 ―プロセス・コンサルテーションが介護支援専門員実践に与える影響―
  • 「ふれあい・いきいきサロン」が、参加高齢者への与える効果 ―A市のサロンに参加する独居高齢者に着目して

2011年

  • 家族の機能や役割の変化からみる家族介護者支援のあり方
  • 母子システムへの支援のあり方について ―母子生活支援に焦点をあてて―
  • 高齢者施設における身体拘束の問題について ―身体拘束の実施手続きに焦点をあてて―
  • 医療機関のソーシャルワーカーの連携について
  • 精神障害者共同作業所の利用者が運営するミーティングに、職員が関わる際の要点を探る -運営方式の異なる2種類のミーティングに対するメンバーの受け止め方をもとに―
  • 成年後見活動を行うソーシャルワーカーの援助プロセスにおける認知の変化 -ゆらぎの解釈から生まれる心地よい関係ー
  • 利用者・家族の役割喪失とソーシャルワーカーの抱える困難との関係 -介護老人保健施設のサービス利用に焦点をあてて-
  • 脳卒中ケアユニット(SCU)におけるソーシャルワーク支援の特性 -ソーシャルワーカーの機能と役割に焦点をあてて-
  • 介護サービス事業所における記録業務の専門性 ~介護老人福祉施設のケース記録に焦点をあてて~
  • 不安定居住生活困窮者の類型と支援の現状について -官民の協働事業 によるNPO法人Aのシェルター利用者調査を中心に―
  • 障害児保育に携わる保育士の機能・役割について ―保育所保育士と母親の抱える困難性に焦点をあて-
  • スクールソーシャルワーカーの学校現場への導入期にみる困難性 -学校支援者とのパートナーシップに焦点を当てて-
ALL INDEX