江口 再起

江口 再起

江口 再起

  • 教授
専門分野
歴史神学、教義学、宗教哲学
主要担当科目
信条学、教義学、ルター原典、宗教哲学

受験生へのメッセージ

現代世界の中で、人間としてどう生きるか、宗教やキリスト教の役割は何か、について根本から考えていきましょう。

略歴

獨協大学卒。日本ルーテル神学大学(現ルーテル学院大学)・神学校卒。ドイツ・エルランゲン大学留学。東京女子大学教授を経て、現職。

日本福音ルーテル教会教師資格者。

趣味・関心事

本の収集及び読書、映画、展覧会や古書店巡り、街歩きと旅(特に大阪方面)

主な学外活動・学会活動

日本ルター学会(理事長)、日本基督教学会(理事)、ルーテル学院大学ルター研究所(所員)、日本福音ルーテル教会エキュメニズム委員会(委員)

主要研究実績

著書

  • (単著)『神の仮面—ルターと現代世界』(リトン、2009年、9論文収録)
  • (編著)『ルターを学ぶ人のために』(世界思想社、2008年、3論文収録)
  • (共著)『ルターの信仰に生きる—ルーテル教会その教えの特徴』(聖文舎、1990年)
  • (共著)『カトリックとプロテスタント—どこが同じで、どこが違うか』(教文館、1998年)
  • (共著)『ルターと宗教改革事典』(教文館、1995年、8項目)
  • (共著)『岩波キリスト教辞典』(岩波書店、2002年、16項目)

翻訳

  • G.ハインツェ『遺産と課題—現代に生きる宗教改革の信仰』(聖文舎、1980年、共訳)
  • W.シュミットハルス『黙示文学入門』(教文館、1986年、共訳)
  • M.ルター「ヨハネ福音書第1、2章の説教」(『ルター著作集』第2集6巻、リトン、2010年、共訳)
  • W.ヨスト「マルティン・ルター」(『宗教改革者の群像』、知泉書館、2011年、共訳)

論文

  • 「初めにことばがあった—ルターのロゴス論」(『ルター研究』第3巻、ルター研究所、1987年)
  • 「トレルチとルター教会論」(『ルター研究』第4巻、ルター研究所、 1988年)
  • 「ルター教職論の試み—デモクラシーと市場的世界の中で」(『ルター研究』第5巻、ルター研究所、1992年)
  • 「遺伝子から三位一体論まで—<性>の原理とキリスト教思想史」(『テオロギア・ディアコニア』第31号、ルーテル学院大学、1999年)
  • 「深い河の流れのように—遠藤周作と<水>の神学」(『遠藤周作をどう読むか』、JELC東教区教師会、1998年)
  • 「これは私の体である—説教論のためのテーゼ」(『テオロギア・ディアコニア』第32号、ルーテル学院大学、1999年)
  • 「ガイストの精神史」(『教会と宣教』第5号、JELC東教区宣教V.C.、1999年)
  • 「ルターとテオーシス—近年のフィンランドのルター研究をめぐって」(『ルターと宗教改革』第2号、日本ルター学会、2000年)
  • 「燔祭(ホロコースト)の精神史」(『教会と宣教』第6号、JELC東教区宣教V.C.、2000年)
  • 「終わりの予言・予言の終わり—ノストラダムスとは何だったのか」(『終末からの展望』ルーテル学院大学、2000年)
  • 「義認論の諸問題—「ルーテル・カトリック義認の教理についての共同宣言」をめぐって」(『ルター研究』第7巻、ルター研究所、2001年)
  • 「仮面(ペルソナ)の精神史」(『教会と宣教』第7号、JELC東教区宣教V.C.、2001年)
  • 「20世紀のルター像」(『テオロギア・ディアコニア』第35号、ルーテル学院大学、2002年)
  • 「GodBlessAmerica?—神学的アメリカ精神分析」(『テオロギア・ディアコニア』第37号、ルーテル学院大学、2004年)
  • 「重層宗教論—吉本隆明の宗教論のためのノート」(『教会と宣教』第10号、JELC東教区宣教V.C.、2004年)
  • 「薔薇と十字架—ルターとヘーゲルを結ぶもの」(『東京女子大学紀要論集』56巻2号、2006年)
  • 「SolaとSimul—ルター神学の深層構造」(『東京女子大学紀要論集』58巻2号、2008年)
  • 「「語りえぬもの」への突進—ルターと哲学」(『ルターと宗教改革』第5号、日本ルター学会、2008年)
  • 「神義論(弁神論)の問い—ライプニッツとルター」(『ライプニッツ読本』、法政大学出版局、2012年)
  • 「ルター・プロテスタンティズム・近代世界」(『ルター研究』別冊1号、ルター研究所、2013年)
  • 「フクシマのモーツァルト」(『教会と宣教』第19号、JELC東教区宣教V.C.、2013年)
  • 「贈与の神学者ルター」(『ルター研究』別冊2号、ルター研究所、2014年)
  • 「こわい顔と万人救済の夢—内村鑑三論」(『教会と宣教』第20号、JELC東教区宣教V.C.、2014年)
  • 「三つのE—来たるべきエキュメニズムのためのプログラム」(『ルター研究』別冊3号、ルター研究所、2015年)
  • 「ルターと親鸞」(『教会と宣教』第21号、JELC東教区宣教V.C.、2015年)
ALL INDEX