髙山 由美子

髙山由美子

髙山 由美子

  • 教授
専門分野
ソーシャルワーク、障がい福祉
主要担当科目
社会福祉の基礎、社会福祉入門、障がい者福祉論、ソーシャルワーク演習、社会福祉士受験対策講座

受験生へのメッセージ

誰でもみんな、一人ひとりがその人らしい「強み」を持っています。ルーテル学院大学では集うもの一人一人が互いの「強み」引き出し合って、それぞれの目標に向かって歩んでいけたらと思っています。みなさんのゴールに向かうプロセスをサポートします!

略歴

明治学院大学社会学部社会福祉学科卒、東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科修士課程修了(修士 人間科学)。障がい福祉施設、(財)鉄道弘済会、(社)日本社会福祉士会勤務を経て現職。社会福祉士。

主要研究実績

論文

  • 「自律か保護か—成年後見制度の理念をあらためて問うことの意味—」『実践成年後見』No.33  民事法研究会 27頁~35頁 2010年
  • 「地域自立生活支援とソーシャルワークとしてのネットワークの機能—障害者地域自立支援協議会が担う役割—」『都市社会研究』2011 27頁~41頁 せたがや自治政策研究所 2011年
  • 「社会福祉援助技術を学ぶということ」『知的障害福祉研究さぽーと』第58巻第6号 通巻653号 日本知的障害者福祉協会 44~49頁 2011年
  • 「社会福祉専門職の専門性とは何か」『知的障害福祉研究さぽーと』第61巻第3号 通巻686号 日本知的障害者福祉協会 44~50ページ 2014年
  • 「地域包括支援センターにおける社会福祉士職の業務実施に関する意識—組織体制、業務の実施状況、専門職性に着目して—」『社会福祉士』第21号、日本社会福祉士会 49~56ページ 2014年
  • 「地域包括支援センターを機能させる要件—ソーシャルワーク専門職を配置したことの意義—」『東洋大学大学院紀要』第50集、東洋大学大学院 81~94ページ 2014年
  • 活動報告「ニカラグア共和国におけるJICA(独立行政法人国際協力機構)プロジェクトの社会福祉短期専門家として活動」『ルーテル学院研究紀要(2013)』第47号、ルーテル学院大学 35~43ページ 2014年
  • 「地域包括支援センターにおける社会福祉士の実践に関する論述と研究の動向」『ルーテル学院研究紀要』代49号 ルーテル学院大学 13~29頁 2016年

著書等(共著)

  • 「弱き歩みを支え、成長を見守る」『未来を愛する 希望を生きる』 人間と歴史社 るうてる法人会連合編 85頁~96頁 2005年
  • 「今日の児童・青少年の権利とその実現のための工夫」『キリストの愛を伝えともに成長する未来を愛する希望を生きる』リトン るうてる法人会連合編著 50頁~58頁 2009年
  • 「利用契約のあり方(サービスを提供する事業者の側から)」『知的障害児・者支援スタッフのための人権ハンドブック(人権ガイドライン第3版)東京都社会福祉協議会 知的発達障害部会人権擁護委員会編 78頁~82頁 2010年
  • 「障害者総合支援法の創設の背景および目的」「障害者総合支援法における組織、団体の機能と役割」『介護福祉士養成テキストブック社会の理解第2版』ミネルヴァ書房 石川久展他編 132頁~138頁、148頁~155頁 2014年
  • 「地域福祉を支えるシステム」『MINERVA社会福祉士養成テキストブック 第2版』ミネルヴァ書房  市川一宏他編  145頁~153頁 2014年
  • 「高齢者を中心とする包括的な支援システム—地域包括支援センターにおける総合相談の意義と課題—」『地域におけるつながり・見守りのかたち—福祉社会の形成に向けて—』 中央法規出版 東洋大学福祉社会開発研究センター編 86~299頁 2011年
  • 「地域包括支援センターにおける環境整備と業務管理—センターの目的にかなう業務の円滑な推進のために—」『改訂地域包括支援センターのソーシャルワーク実践』 中央法規出版 日本社会福祉士会編 126~138ページ 2012年
  • 「ネットワーク構築に求められる環境整備」『ネットワークを活用したソーシャルワーク実践』中央法規出版 日本社会福祉士会編 42~51ページ 2013年
  • 「ソーシャルワークの発展と展開」「今日におけるソーシャルワークの実践モデルと実証性に基づく実践」『知的障害者援助技術』日本知的障害者福祉協会 4~8ページ 14~20ページ 2016年

研究報告書

  • 「自治体におけるオンブズマンの機能とオンブズマンの技術に関する研究」(2005年度~2006年度科学研究費補助金 基盤研究C研究報告書)、2007年
  • 「ネットワーク構築の基盤としての環境整備」『地域包括支援センターにおける連携・ネットワークの構築に関する研究研修事業報告書』、日本社会福祉士会、76~86ページ、2010年

学会発表

  • 「地域包括支援センターにおける社会福祉士の実践と課題への取り組み」、東洋大学・大邱大学(韓国)合同セミナー(口頭発表)、2010年
  • 「社会福祉士の業務遂行に影響を及ぼす要因に関する研究」日本社会福祉学会 第61回秋季大会(口頭発表)、2013年

趣味・関心事

走ること(近所で、レースで、旅先で…)と世界のワインとチーズ

主な学外活動・学会活動

学外活動

  • 武蔵野市障害支援区分認定審査会委員
  • 渋谷区成年後見支援センター運営委員会委員長
  • 杉並区障害者地域自立支援協議会会長
  • 杉並区地域包括支援センター事業評価委員会委員
  • 藤沢市障がい者計画・障がい福祉計画検討委員会副代表
  • 社会福祉法人はなゆめ監事
  • 社会福祉法人東京老人ホーム理事・評議員
  • 社会福祉施設における事例検討スーパーバイザー、他

学会活動

  • 日本社会福祉士会
  • 日本社会福祉学会
  • 日本地域福祉学会
  • 日本キリスト教社会福祉学会
ALL INDEX