学部・大学院 等

臨床心理コース

臨床心理コース

学びのポイント

コース設立の背景

困難に直面した人が、再び自分の力で歩き出すことができるようになるには、どのような心理的働きかけが必要になるでしょうか。

現代社会においては、専門家でなくても臨床心理学的な素養を持ち、人間のこころの働きに理解のある人材への期待が大きくなっています。

本コースでは、将来、臨床心理学の知識や技術を活かして社会で活躍する人材を養成します。また、公認心理師(国家資格)・臨床心理士資格を目指す学生の基礎力と大学院進学を支援します。

コースの特徴

本コースでは、人のこころと働きの理解を深めるために様々な領域の心理学、こころの状態を知るために必要な心理学研究法、こころの支援ための心理療法や臨床心理の面接技法などを、講義だけでなく、アクティブラーニングの手法も取り入れ、体験学習や実習体験を通して学びます。

心理検査やカウンセリング実技の授業は少人数を活かして、体験学習中心の授業です。外部での臨床心理実習も丁寧な事前指導を通じて、病院や子ども関連の施設で充実した学びができます。少人数ゆえに教員や先輩との距離も近く、気軽に質問ができる親しみやすい雰囲気のキャンパスです。

臨床心理士養成の大学院進学を希望する人が多いため、大学院進学支援の授業もあり、ルーテル学院大学以外にも多数の大学院への進学実績があります。大学院入試には卒業論文の内容も大切なので、卒業論文をしっかり書きたいという希望者が多いです。そのため、心理統計法や心理学実験の基礎の上に、質問紙法・実験法・観察法を学び、4年次の卒業演習のゼミも少人数で丁寧な指導が行われています。

※本学は日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院を併設しており、臨床心理士資格試験の高い現役合格率を誇っています。

※本学の臨床心理コース、大学院臨床心理学専攻は「公認心理師(国家資格)」養成に対応したカリキュラムを準備しています。本学の大学および大学院における臨床心理学教育は10年以上の歴史を持ちます。従来より、専任教員によって臨床心理に携わる専門家を育成するカリキュラムを整えてまいりました。そして大学院だけでなく、大学教育の段階から専門科目の学びや学外実習での体験学習に力を注いでいます。

履修モデル

上記の履修モデルをクリックで、拡大図(PDF形式・228KB)がご覧になれます。

PDF形式ファイルの閲覧にはプラグイン(無料)が必要です。お持ちでない方は、以下よりダウンロードしてください。
get_adobe_reader

ページ上部へ