お知らせ

ルーテル学院大学・日本ルーテル神学校への寄付のお願い

ルーテル学院のルーツは1909年の路帖神学校開校に遡り、その歴史は100年を超えます。私たちの使命は「一人ひとりを大切にする教育」を通じて「キリストの心を心として神と世に仕える」人材を育成することです。キリスト教、社会福祉、臨床心理の3つの学問領域から成り立つ総合人間学部 人間福祉心理学科、大学院 社会福祉学専攻・臨床心理学専攻、日本ルーテル神学校を設置し、心と福祉と魂の高度な専門家を養成しています。

本学では上記の教育方針に賛同してくださる多くの方々から、毎年多くの寄附をいただいております。今までのお支えに心より感謝申し上げるとともに、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

寄付金の主な使途

教育研究施設の充実
教育研究施設・設備の改修や教具等の充実に活用
後援会奨学金
経済的支援を必要とする学生への奨学金として活用
障がい学生の支援
障がいを持つ学生の教育支援及び施設設備の充実

お申込み方法

【本学指定(赤色)の郵便払込取扱票をご利用の場合】(送金手数料無料)

最寄の郵便局にてお振込ください。郵便払込取扱票をお持ちでない場合はお電話にてご請求ください。

電話:0422-31-4611(代表)
担当:後援会事務局

【銀行振込の場合】
  1. 寄付申込フォームに必要事項を入力の上、送信してください。
  2. フォーム送信終了後、下記口座にお振込ください。(送金手数料は差し引いてください)

※1 匿名扱いをご希望の方は、必ずその旨お知らせ願います。
※2 使途を指定した寄付金もできます。

寄付金振込先

受取人)学校法人 ルーテル学院
三菱東京UFJ銀行 三鷹支店
口座番号 普通預金 4126089

寄付金控除について

学校法人ルーテル学院へのご寄付は「特定公益増進法人」に対する寄付金として税金優遇措置が受けられます(日本ルーテル神学校は税法上の規定により控除の対象になりません)。所得税については、下記1)①所得控除の他に平成23年度税制改正により1)②税額控除も選択できるようになりました。また、平成20年度の税制改正により、本学を条例にもとづく公益増進法人として指定している地方公共団体内にお住まいの方(現在 東京都・三鷹市のみ)は、個人住民税の税額控除も受けられます。

1)所得税の寄付金控除

寄付金控除を受けるための手続きは、寄付をした翌年の2月中旬から3月中旬までの確定申告期間に、住所地を所轄する税務署で必要書類を添付して確定申告を行い、所得税の還付請求手続きを行ってください。手続きに必要な書類は、

  • 本学発行の領収書
  • 文部科学省の特定公益増進法人であることの証明書の写し(領収書裏面に記載)

以下のように①「所得控除制度」と②「税額控除制度」のいずれか一方の選択ができるようになりました。新たな「税額控除制度」の方が、小口の寄付金への減税効果が高いことが特徴です。

①【個人の場合の所得控除額の計算方式】

[所得控除額]=当該年内に支出した寄付金額(総所得金額等の40%が上限)- 2000円

②【個人の場合の税額控除額の計算方式】

[税額控除対象額]=(当該年内に支出した寄付金- 2000円)×40パーセント

※1 寄付金支出額が、総所得金額等の40%に相当する金額を超える場合には、40%に相当する額が税額控除対象寄付金になります。
※2 控除対象額は、所得税額の25%を上限とします。

2)個人住民税の寄付金控除(現在東京都、三鷹市のみ)

2008年度の税制改正に伴い、特定公益増進法人の認可を受けている学校法人が、自治体の条例により認定された場合には、住民税が寄付金税額控除の対象となりました。

お問い合わせ:
ルーテル学院大学・日本ルーテル神学校 後援会事務局
TEL:0422-31-4611 FAX:0422-33-6405

ページ上部へ