2016年7月1日 チャペルメッセージ

「人生の神秘」ケネス・デール 名誉教授

ヨブ記 42章1~6節

ヨブは主に答えて言った。
あなたは全能であり/御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。
「これは何者か。知識もないのに/神の経綸を隠そうとするとは。」そのとおりです。わたしには理解できず、わたしの知識を超えた/驚くべき御業をあげつらっておりました。
「聞け、わたしが話す。お前に尋ねる、わたしに答えてみよ。」
あなたのことを、耳にしてはおりました。しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し/自分を退け、悔い改めます。
人生の多くの神秘的体験、生きる意味の神秘、神の存在の神秘—むしろそういう神秘に、年をとるにつれて、興味が深くなります。沢山の不思議な現象の中から2,3取り上げてみましょう。

自然の現象、光をまず考えましょう。光はなんですか? 光は最も小さな波でしょう。光波です。しかし、光の波そのものは明るいでしょうか? 光波が見えますか? そうではないです。光そのものは見えません。太陽は見えますが、太陽と地球の間、その中間は真っ暗です。しかし、光の波が当たるものが明るくなります。光波にぶつけられた対象はちゃんと見えます。どういうふうに光の波が物を明るくすることができるでしょうか?それは私にとって大変神秘的な現象です。

もう一つの波現象を見てみましょうー音です。音はなんですかと聞くと、それは拍手ですと言ったり、それはピアノですと言ったりしますが、実際にはそうではなのです。拍手とピアノは音波をつくって送るものにすぎない。音波そのものには音はありません。人がいないところに音はありません。音は耳にあります。いや、脳とつながる耳にある神経がなければ音はありません。音は脳から来ます。ピアノからではないのです。

もう一つの現象、光と音より不思議なのは引力です。(ボールを持ちながら)これを離したら、どちらの方向に行くでしょうか?下に落ちるのは当然だと思うでしょうが、宇宙船にいるなら、下に行かないでしょう。宇宙船にいるなら、人も下に到着しない。飛び回るのです。引力はあそこにないからです。不思議な全然見えない力ですが、引力なしに、宇宙全外は不安定になり惑星と星が飛び回る。山と海と自分の体さえも無茶苦茶に、あちこちに飛ぶでしょう。引力のおかげで地球にある全てのものは安定しています。
最近、理学者達が引力はやはり最も小さな波であると発見しましたー考えられないほど強い力のある全然見えない波です。引力は畏敬すべき神秘です。

さて、一番神秘的なものは神の存在だと私は感じます。神はどんな性格をもつかと聞きますと、それぞれの宗教は答えがあるでしょう。
キリスト教の多くの信条、例えば聖餐式の中に唱える使徒信条をもっています。それぞれの信条に神を説明しようとする文章があります。そういうふうに神を定義しようとしますが、定義できる神は本当の神ではないと言わなければならないでしょう。むしろ例えをもって神の存在を指摘するしかできないのではないでしょうか?
例えば聖書の神は光、キリストは世の光であると述べ、神を光に例えています。英語で「ENLIGHTEN」という言葉があります。もともとの「light」(光)の動詞形です。その意味は光を照らす、人に何かを分からせることです。愛なる神を受け入れると、人生の最終的な意味が、「enlighten」されて、その意味が分かってきます。神は光です。

前のページに戻る