2016年12月1日 チャペルメッセージ

「キリスト教と茶道」上村敏文 准教授

ローマの信徒への手紙 1章20節
世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。

「キリスト教と茶道」というタイトルを見て、びっくりされた方もいるかもしれません。わたしも約30年前に、聖心女子大学の丹沢寮でフランス人の司祭が和室でミサをなさった時、茶道の作法でミサをされたのをみて驚いたことがあります。その時は、カトリックは第二バチカン公会議以降、それぞれの文化を大切にする立場から、茶道をミサの様式に取り入れたのだと思っておりました。しかもそれは薄茶ではなく濃茶の袱紗捌き(ふくささばき)をされていたので、二重の意味で驚いたのです。普段私たちがお茶会でよく見るものではなく、四方捌きという特殊なやり方をしていたのです。大学時代に茶道部に入門したのですが、毎回お祈りから始まりました。手を合わせて「感謝」そして「愛」という言葉を断片的に覚えています。「なぜお祈りから稽古に入るのかな?」と不思議に思っていました。今から考えると、カトリックが茶道の様式を取り入れたのではなく、当時「わび茶」を大勢した千利休が、晩年に完成させた様式は、まさに彼自身がミサの様式を取り入れて新しい茶道の境地を作り上げていったのです。

ここに一本の茶杓がありますが、利休好みのものと伝えられています。江戸文化史研究家で東京教育大学(現筑波大学)名誉教授の西山松之助氏によると、この中にある節は、それを貫く樋によって十字架をあらわしているという説を出されました。また、茶室に入る狭い入り口は「狭い門」を表し、「野の花」が野にあるように生けられ、まず菓子をいただき、そしてその後にお茶を押し頂いてちょうだいする。この一連の流れはきわめてミサに近いものです。春日部福音自由教会主任牧師であり表千家教授でもある高橋敏夫氏は、『茶の湯の心で聖書を読めば』(いのちのことば社)の中で、聖書と茶道との関連について詳しく述べていらっしゃいます。

京都の桂離宮には7つのキリシタン灯篭がありますが、その中にラテン語のFILI(御子)が刻まれてあるそうです。日本全国にはこのキリシタン灯篭が多く存在します。利休の弟子であり、キリシタンであった古田織部が作ったものであると言われております。

本日の聖句はローマの信徒への手紙1章20節ですが、「神の見えない性質」、「神の永遠の力と神性」は被造物によって知られるとあります。日本の文化の中にはすばらしい工芸、美術がありますが、茶道はその中でも傑出しています。久松潜一氏は『茶の湯の哲学』で「わび茶」の特徴を、簡素、自然、幽玄、脱俗、静寂などいくつか挙げられておられます。その中でキリシタン大名であった高山右近がとくに重要視したと思われるのが脱俗でした。イエス・キリストの十字架の贖いによって、「脱俗」は完成すると考えていました。鈴木大拙は、禅宗になくてキリスト教にあるものがこの贖いであると指摘されておられます。右近は立身出世よりもこの十字架の道を選んで日本から追放されたのです。

前のページに戻る