ニュース

キャンパス禁煙化プロジェクト

2011.12.13

全面禁煙

ルーテル学院大学・大学院 学長 市川 一宏
日本ルーテル神学校 校長 江藤 直純

学校法人 ルーテル学院では、在校生及び教職員をはじめ、来校者の方も含めた全ての方々の健康保持と増進、そして、有害物質であるタバコの煙の無い快適な教育環境を維持するために、2012年4月よりキャンパス全面禁煙化を実施、更に同年12月より地域住民の方々への影響を考慮し、キャンパスに隣接する学園通り[神大角交差点〜ICU高校裏門までの区間及びむつみ児童遊園内も含む]まで拡充し、全面禁煙区域として制定致しました。

喫煙は喫煙者のみならず、周囲の人に対しても深刻な健康被害を与えることが明らかであり、2003年5月より施行された健康増進法による受動喫煙防止に向けた具体的措置を講じることが義務付けられました。更に2011年2月より文部科学省及び厚生労働省からは公共性のある施設での「原則禁煙化」との通達も出され、教育機関に対する早急なる改善・整備課題として社会的に強く求められています。

本学院は「一人ひとりを大切にする教育」を通じて、「キリストの心を心として神と世に仕える」人材を育成することを「本学の使命(ミッション・ステートメント)」として定めています。これは創立以来104年に渡り一貫して継承してきた伝統に根ざした高い学問性による専門教育とキリスト教に基づく全人格教育を通して、豊かな人間性と現実社会での実践力を兼ね備えた人材を育成しようとの熱き思いを、改めて不動なる理念として明文化したものです。

本学院ではこの「本学の使命(ミッション・ステートメント)」に基づく教育活動を揺るぎなく継承・実践して行く為に、本制定によってキャンパス・コミュニティに集う全ての方々の健康保持と快適なる教育環境を守り続けて行きたいと考えております。

キャンパス禁煙化プロジェクト

上記の図をクリックで、拡大図(PDF形式・102KB)がご覧になれます。

PDF形式ファイルの閲覧にはプラグイン(無料)が必要です。お持ちでない方は、以下よりダウンロードしてください。
get_adobe_reader

ページ上部へ