ルーテルの人 ルーテルの人

長谷川景子
長谷川 景子さん 卒業生
臨床心理学科  2012年度卒業
勤務先
子ども家庭支援センター
以下に「ルーテルの人見出し」や「テキスト」を挿入してください。

ーなぜ大学に編入学して臨床心理学を学ぼうと思われたのですか?

私は以前、学童保育で指導員として働いていました。仕事を通して子どもや保護者と関わる中で、子育ての難しさ、問題の多様化、また地域での子育て支援の重要性を改めて感じました。子育て支援の仕事を続けていく上で、福祉・保育とはまた違った視点を勉強してみたい、もっとスキルアップしたいと思い、臨床心理に興味をもちました。元々、ルーテル学院大学の社会福祉学科を卒業しており、大学のことについてはよく分かっていましたし、少人数の中でじっくり勉強することによって自分自身を見つめ直す良い機会になるのではないかとも思いました。

ールーテル学院大学に編入学して、よかったと思うことは何ですか?

編入学してよかったと感じたことはまず、先生方との距離が近く、いつでも気軽に相談に乗ってもらえる環境が整っているということです。分からないことがあってもすぐに質問することができる為、安心して授業に取り組むことができました。勉強のことだけでなく、就職のことでも先生方には色々相談にのってもらいました。また編入学生が多く、励ましあいながら勉強し、大学生活を楽しむことが出来ました。編入学生の先輩に履修のことを相談したり、レポートや試験勉強などわからないところを教え合ったり、とても心強かったです。現役生もとても気さくで、色々な年代の人達と交流を持ち、色んな考え方や価値観に触れたことも自分にとって勉強になりました。

ー現在の仕事内容を教えてください

子ども家庭支援センターで、保育士として働いています。主な仕事としては、センター内の子育てひろばの運営や来所・電話での子育て相談、ショートステイ事務等です。ひろばでは、0歳~就学前のお子さんと保護者の方が沢山遊びに来てくれ、子ども同士だけでなく、母親同士の交流の場所としても活用してもらっています。センターには、臨床心理士や家庭相談員などもおり、互いに連携をとりながら子育て相談に対応しています。
ALL INDEX