ルーテルの人 ルーテルの人

自分の好奇心を最大限働かせて学び、自分自身の問いを探求しましょう

石川与志也

約100年前のウィーンにおいて、フロイトは自分自身の分析や患者さんとの治療的作業を通じて、人間の心の世界の広大さと複雑さ、奇怪さと豊かさを、驚きをもって探求しました。理系と文系という形式的な区別をすることなく、自分の好奇心を最大限働かせて学び、自分自身の問いを探求しましょう。好奇心旺盛な皆さんと共に学び、真理の探究をすることを楽しみにしています。「答えは好奇心を殺す病である」(W.R.Bion)

担当する授業の紹介

私の担当する「青年心理学」では、青年期の心の揺らぎと危機、アイデンティティ獲得のプロセスをどう理解することができるのかを探求します。知識を学ぶだけでなく、学生一人ひとりが現代の青年に起きている現象について自分の問いを立て、学期を通してその問いを深め、最終レポートでまとめをします。
ALL INDEX