ルーテルの人 ルーテルの人

福祉もテーマパークも本質は同じ

K.F
K.Fさん 在学生
福祉相談援助コース
以下に「ルーテルの人見出し」や「テキスト」を挿入してください。
人と接するのが好きで福祉分野を選んだK君。「福祉でなければ、販売やテーマパークのキャストを目指したかも」と語る。
どれも相手に喜んでもらうという意味では同じ仕事。そんなK君の夢は社会福祉士の資格を取得し、相談援助の専門家(ソーシャルワーカー)になること。
授業は2年生までは福祉の制度や法律を学び、3年生の実習に備える。実習は約1ヶ月半現場で働く。月〜木は施設に通い、金曜のみ学校というハードな毎日。高齢者福祉施設での実習を終え、「大変だけど楽しかった」と話す。
最後に勉強に欠かせないモノを聞くと「シーンで使い分けるシャープペン!」という答え。高い社会福祉士合格率(現役合格率が全国平均を大きく上回る)を誇るルーテル ×こだわり文具で資格取得を狙う。

シャープペン

私の好きなモノ:中学から使うシャープペン
左からドクターグリップとクルトガ各2本。
現在2代目を使う。小さくメモるには、クルトガが◎。
ALL INDEX