ルーテルの人 ルーテルの人

17年のパティシエ経験からの決断

S.F
S.Fさん 在学生
地域福祉開発コース
以下に「ルーテルの人見出し」や「テキスト」を挿入してください。
17年働いたパティシエをやめ、医療ソーシャルワーカーになるために入学。その決断には自身が経験したいくつかの出来事が関係する。
(1)約10年前、ガーナのカカオ農園で過酷な労働を強いられる兄弟のテレビ映像を見た。カカオと言えばお菓子作りに欠かせないチョコレートの原料。自分の仕事が犠牲の上に成り立つ衝撃。
(2)自分の店を持ちたいわけでもなく将来を考えていた頃、友人が仕事をやめ新しいことに挑戦。私も何かすべき?
(3)自身が病気を経験。治療費や仕事復帰に不安を抱え、病院の福祉相談室のお世話に。そして決意を固めた。
現在は社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得のため猛勉強。授業のあとは図書館に行き、その後は自宅で集中する。勉強漬けの生活も「目標が明確だから頑張れる」と話す。
私の好きなモノ:お菓子作りの道具&保存版レシピ
レシピは働いていたお店で代々受け継がれていた作り方を清書したもの。今もお菓子を作る際に開く。
ALL INDEX