包括的臨床コンサルテーション・センター

ルーテル学院大学大学院は、臨床心理学専攻10周年、社会福祉学専攻15周年を迎えた2015年度に、大学院の機能をさらに発展させた研究・研修機関を開設しました。

心理・福祉・教育の現場では、施設や機関で働く対人援助の専門家が、職場の同僚やスタッフに対して、さまざまな願いをもちながら、日々仕事に励んでいます。包括的臨床コンサルテーション・センターでは、このような対人援助の専門家に、専門家養成および管理職の育成に一層寄与することを目的として、研究および実践におけるコンサルテーション、スーパービジョン、包括的臨床死生学の3つの領域でのトレーニングおよび研究を提供します。また、コンサルテーションやスーパービジョンを実際に提供します。次のようなニーズに対応します。

・もっと専門家らしく力量を向上させたい
・組織の中で、職員を育てていきたい
・隣接の機関間協働を活性化させたい

このセンターは、当大学院の院生をはじめ、大学院内外を問わず、広く専門家に活用されることを目指しています。今までにない専門家や専門機関のよりどころとなるセンターです。

センター長のご紹介

山口麻衣先生

山口 麻衣

  • 教授

問い合わせ

ルーテル学院大学大学院附属
包括的臨床コンサルテーション・センター
houkatsu@luther.ac.jp
ALL INDEX