ルーテルの人 ルーテルの人

人と関わること、人を支えることに関心や魅力を感じている皆さんへ

大曲先生

 「人は、誰かに支えられなくては生きていけない。しかし、同時に、誰かを支えなくては生きていけない」と聞いたことがあります。ここでの「人」とは、身近な家族や友人かもしれませんし、学校やバイトなど様々な活動で、または仕事上で関わる人かもしれません。もしかしたら、全く見知らぬ人かもしれません。人を支えるためには自分の在り方も大事です。そして、人の話を聴く力、支えるために必要なことを見極める力や、ともにいるための方法も大事です。
 ルーテル学院大学では、理論や実践を通し、そういったことを学生さんが自ら学び取り、深めていけるような環境が整っています。人を支えるための学びは、自分を支えるための学びでもあります。出会う人たちとの「支え合い」を「学び」を通して実感し、考えることができる場所、それがルーテル学院大学だと私は思っています。人と関わること、人を支えること。大変なイメージもあるかもしれませんが、そこに関心や魅力を感じていることは、すでに一歩、踏み出していることだと思います。ぜひ、その一歩を応援したいです。職員、教員、一同で皆さんをお待ちしています。
ALL INDEX