ルーテルの人 ルーテルの人

イギリスから日本に戻り、また世界を見る

W.K
W.Kさん 在校生
子ども支援コース
編入学
以下に「ルーテルの人見出し」や「テキスト」を挿入してください。
「日本にいると気づかないですが、イギリスでは街を歩くだけで"貧富の差"を感じました」そう語るWさんは、高校卒業後イギリスの大学に留学。冒頭の経験から貧富や子どもの生活環境を専攻した。
その後自分の国の福祉を学ぼうとルーテルに編入。ただ視線の先はやはり世界に向く。「最近気になったのは国際福祉の授業で聞いたケニアのバラの話です」。ケニアは世界有数のバラ輸出国。花屋でのバイト経験もあるWさんにとって、色鮮やかで大輪のケニアのバラは純粋に美しいと思える花だ。でもその栽培のために湖が汚れ、近隣の生活用水が使えなくなっているそう。この話にはショックを受けた。「表面的に見えていることだけでなく、その裏の現実までしっかり知ることが大切」。そんな思いを抱きつつ、今将来の進路を考えている。
私の好きなモノ:EQUAL OPPORTUNITIES
イギリス留学中の授業で使用。宗教問題やLGBTにも触れ今の問題意識のきっかけを与えてくれた本。
ALL INDEX