WEB オープンキャンパス

時間や日程、遠方などにお住まいなどの理由で、オープンキャンパスに参加できない方のために、自宅にいながらオープンキャンパスを体験できるよう「Webオープンキャンパス」ページを開設しました。

ルーテルの特色を知ろう(大学紹介)

ルーテル学院大学・石居基夫学長よりメッセージをお届けします。
ルーテルの特徴を1分のショートムービー(YouTube)でご紹介します。

学びのしくみと目指せる資格

大学の模擬講義を体験

ルーテル学院大学の教員による模擬授業(録画:YouTube)を配信しています。この模擬講義は、2022年度入試、総合型選抜(授業体験型)の課題の対象となる講義です。授業体験型では、講義で理解したことをまとめるとともに、どんなことに興味があり、どのように学んでいくかの計画を示し、自身の想いや熱意をアピールしていただきます。
2022年度入試「総合型選抜(授業体験型)」対象の模擬講義(YouTube)現在準備中

入試について

入試概要について動画(Youtube)でわかりやすく解説します。
総合型選抜のポイントについて動画(Youtube)でわかりやすく解説します。

キャンパスツアーを体験

本学のキャンパス、建物内を「Googleインドアビュー」にて公開しています。緑豊かなルーテル学院大学のキャンパスを是非ご覧ください。

もっと知りたい方はこちらをチェック

学生広報委員より受験生の皆さんへ

LACメッセージ

☆受験生の皆さんへメッセージ☆

☆学生広報委員がオススメする本のご紹介☆

学生広報委員(LAC)が、大学生活で役に立つものや、ルーテルでの学びにつながるもの、こころにとまった本を紹介します。学生の皆さんが学んだことや、学生生活を通して関心を持ったことを、ぜひのぞいてみてください。
「新版 論文の教室 レポートから卒論まで」戸田山和久 著 (NHK出版 2012)

論文の教室 レポートから卒論まで

この本の内容は、論文が上手く書けない架空のキャラクターである作文ヘタ夫くんが著者である戸田山先生と対談形式で会話をしながら、少しずつ正しい書式でレポート作成をする規則を学んでいくというものです。レポートの書式を学ぶ上で、特に読みやすい一冊となっていますので、良ければ一度手に取ってみていただければと思います。
臨床心理コース2年
「ソーシャルワーカーという仕事」宮本節子 著(筑摩書房 2013)

ソーシャルワーカーという仕事

ソーシャルワーカーという仕事を簡潔に説明している本です。事例を交えているため、具体的な仕事内容を知ることができます。また、ソーシャルワーカーにとって大切なことは何かを考えるきっかけにもなります。私は一人一人の方に合わせた支援を大切にしていきたいと考えています。知識が増えた後に読むと感じることが違ったため、読み直すのもおすすめです。
地域福祉開発コース4年
「オルタネート」加藤シゲアキ 著(新潮社 2020)

オルタネート

高校生限定のマッチングアプリ『オルタネート』が必須となった現代が舞台の青春小説です。オルタネートを敬遠する者、信奉する者、高校を中退し利用ができない者の3人の主人公の視点で丁寧に描かれています。オルタネートを媒介して3人の運命が交錯する瞬間はとても読み応えがあり、読後感が爽やかで、友情、家族、恋愛など考えさせられるお話です。
臨床心理コース4年
「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子 著(幻冬舎 2012)

置かれた場所で咲きなさい

シスターの著者が書かれた本です。私はキリスト教に全く馴染みがないのですが、とても読みやすかったです。私のお気に入りの言葉は、「どんなところに置かれても花を咲かせられる心を持ち続けよう」です。置かれた場所で精一杯生きようと思いました。他にも素敵な言葉がたくさんあるのでお気に入りを見つけてみてください。
地域福祉開発コース4年
「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか-児童精神科医の現場報告-」古荘純一 著(光文社新書 2009)

日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか-児童精神科医の現場報告

この本は、子どもたちの現状とその周囲を取り巻く人々や環境に着目して総合的に子どもを捉え、「生きづらさ」の実態に迫る一冊です。小児医療と心理の専門家たちによる、子ども版QOL尺度を用いた自尊感情の調査と考察は簡潔ながらもしっかり要点が抑えられており、レポートの参考にもなります。社会学・教育学・国際比較に興味がある方にもおすすめです。
子ども支援コース2年
「子どもに障害をどう説明するか:すべての先生・お母さん・お父さんのために」相川恵子・仁平義明 著(ブレーン 2005)

子どもに障害をどう説明するか:すべての先生・お母さん・お父さんのために

この本はタイトル通り、子どもに「障害」をどのように説明したらよいのかがわかりやすく書かれた本です。私はこの本を読み、大人の子どもに与える差別的な考えについて学びました。事例が細かく書かれており専門用語があまり使われていないので理解しやすいと思います。どのようにしたら子どもに「障害」というものをわかってもらえるのか、それはとても難しくデリケートな問題ですが、とても興味深い問題でもあると思います。
子ども支援コース2年
『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書』中島輝 著(SBクリエイティブ 2019)

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書

自己肯定感とはどのような要素で成り立っているのか、特徴や高め方、トレーニング方法を事例とともにイラスト付きで分かりやすく説明しています。どれも日常生活に気軽に取り入れられるものばかりで実践しやすいです。臨床心理学を中心に学び、自分自身の心と向き合う中で、とても参考になった一冊です。
臨床心理コース4年
「神様のカルテ」夏川草介 著(小学館 2009)

神様のカルテ

この本は「24時間365日対応」の看板を掲げ人手不足の中多くの患者を診察している病院を舞台とした小説です。この作品に登場する看護師や医師は患者にとって何が一番幸せな選択なのかということを考えて治療を行っています。患者としてだけでなく、一人の人として接している登場人物の姿は、私もこういうふうに関われるようになりたいと思います。
臨床心理コース2年

大学案内・赤本(資料請求)

大学案内および赤本(過去問)は、本学ホームページ及びメールでの資料請求を随時受け付けております。「入学試験要項・願書(志願票)」は、冊子として発行しておりません。ご希望の方は、志願者各自ダウンロードをお願いいたします。

大学案内2022

赤本2021

個別のご相談

個別のご相談につきましては、来校またはオンライン(ZOOM)にて実施しています。ご希望の方は、お電話もしくは申込フォームよりご希望の日時とご相談の種類をご入力ください。大学案内がお手元にない方は、併せて資料をご請求ください。
  • 相談時間:平日13:00~17:00 ※土・日・祝日は行っておりません。

ZOOMをご希望の場合

  • ZOOMのご利用には、アプリのダウンロードが必要となります。事前にダウンロードをお願いいたします。
  • お申し込み後、メールアドレスに相談日時決定のご連絡をいたします。場合によっては日程を調整させていただくことがあります。
  • ご相談当日の指定された時間に、大学より届いたURLにミーティングIDとパスワードを入力してアクセスしてください。

お問い合わせ

企画広報センターお問い合わせ
企画広報センターTEL
お問い合わせフォーム
お問い合わせ先一覧
ALL INDEX