社会人入学・編入学概要

※2年次または3年次に編入学する方は、福祉相談援助コース、地域福祉開発コース、子ども支援コース、臨床心理コース、キリスト教人間学コースの5つのコースから1つ選択します。→5コース制についてはこちら

概要

ルーテル学院大学では、セカンドキャリアの形成や、生涯学習を支援するという観点から、社会人学生を積極的に受け入れています。また、短期大学や専門学校、他大学、社会人からの編入学も柔軟に受け入れています。
入試区分概要試験科目
社会人入試1年次入学入学時に25歳以上で、高校卒業後、実務上ないし社会上の経験がある方を対象とした入試です。小論文、面接
編入学入学時に25歳以上で、高校卒業後、実務上ないし社会上の経験があり、短期大学・専門学校以上の学歴のある方を対象にした入試です。※2年次、または3年次に編入学することができます。
編入学入試編入学短期大学、2年制以上の専門学校、高等専門学校の5年課程の卒業者(見込み含む)、大学1年以上の課程修了者を対象にした入試です。小論文、面接
指定短期大学等推薦編入学本学が指定した短期大学等に在学する学生を対象とした、推薦編入学制度です。編入年次は、2年次もしくは3年次となります。面接

キャリアアップ入学金免除奨学金

編入学または25歳以上の入学者は、入学金20万円が免除されます。総合型選抜、一般選抜で合格された場合も、入学年度の4月1日現在で満25歳以上であれば、本奨学金が適用されます。詳細はこちら

入試日程

 出願期間試験日合格発表入学手続期間
Ⅰ期11/1(火)~11/17(木)11/26(土)12/1(木)12/2(金)~12/15(木)
Ⅱ期1/6(金)~1/26(木)2/7(火)2/10(金)2/13(月)~2/24(金)
Ⅲ期2/20(月)~3/6(月)3/11(土)3/13(月)3/14(火)~3/20(月)

編入学を希望される方

編入学年・コース選択について

合格後、入学前までに面接を行い、各自の学歴、コースの希望、既修科目の単位 認定、資格取得希望等をお聞きして編入年次を決定します。希望される方には、出願前に編入年次の目安をお知らせします。「編入学年問 合せフォーム」より専用用紙をダウンロードして、必要事項をご記入の上、成績通知書あるいは成績証明書のコピーとともに入試事務局までお送りください。
合格手続き終了
面接
(12月・2月・3月)
編入年次決定のための面接・既取得単位の認定
・資格取得の希望を確認
・進路希望・大学で学びたいことを確認

・コースの確認
進級時(入学時)2年又は3年に編入学 

他分野からの編入学について

他分野から3年次に編入を希望される場合、3年の後期から卒業論文の指導や実習の指導が本格的に始まるため、かなりハードなスケジュールとなります。また、取得できない資格もあります。時間的、経済的に余裕のある方、基礎からしっかり学びたい方には2年次編入をお勧めしています。

社会福祉士について

社会福祉士の資格を取得を希望する場合、カリキュラム上2年次編入となります。

公認心理師について

公認心理師の資格を取得するためには、大学において公認心理師になるために指定されたカリキュラムを履修する必要があり、大学の心理系学部・学科卒業が前提条件となります。その後大学院へ進学し、必要な科目を修了する必要があります。3年次編入でも努力次第で必要な科目を履修して卒業することが可能ですが、余裕を持って履修するためには、2年次編入をお勧めしています。

編入学後の単位認定について

(1)認定可能な単位
大学、短期大学、編入資格のある専門学校で取得した単位。
ただし、専門科目の認定をうけるには、前大学等での成績が「良」以上であることが必要。(60単位上限・科目単位で認定しますので認定単位数が少ない場合もあります)

(2)認定できる科目
①教養科目:教養部門が適当と認めた科目
②専門科目:本学専門科目カリキュラムに該当又は準じていると認めた科目
※科目名が同じでも、内容により認定できない場合があります。

履修単位数上限について(編入生)

通常は、1年間48単位が履修できる上限単位数です。ただし、入学年度は前期成績優秀者についてのみ54単位まで修得可能です。2年目以降も成績優秀者については48単位を超える履修が可能です。

修業年限及び在学年限

編入年次修業年限 在学年限 
2年次編入 3年間 6年間 
3年次編入2年間 4年間 

(注)長期履修制度を利用される場合も在学年限は同じです。

卒業生・在学生からのメッセージ

Q&A

入学試験に不安があります。
社会人入試(一年次・編入学)・編入学試験では国語、英語などの試験はなく、小論文と面接による入試を行っています。
試験科目の小論文はどのような問題ですか。
1200字程度の文章を読んで、簡潔にまとめることと、自分の考えを述べることを合わせて1000字程度で解答します。ホームページ上から過去問題をダウンロード可能ですので、参考にして下さい。
ダウンロードはこちらから

仕事を持っていますが、入学できますか。
本学の授業は、月曜~金曜の8時50分~18時の間に開講されます。通信や夜間のコースはありませんので、昼間フルタイムで勤務されている方は困難です。パートタイム等で勤務の曜日や時間が調整できる方については、可能な場合もあります。
他大学を卒業しています。単位認定はできますか。
入学前の大学・短大・専門学校で修得した科目について、修得単位として読み替えが可能な場合には単位認定を受けることができます(上限62単位)。編入学を希望される方は、出願前に編入年次の目安をお知らせすることもできます。
編入年次の目安のお問合せ:編入学年問合せフォーム
卒業後、どのようなところに就職していますか。
社会福祉の相談職や援助職に就職される方は、ほとんどが常勤の正規職員として就職されています。臨床心理学やキリスト教学は、多くの方が進学されています。
就職福祉施設至誠学舎立川、東京YWCAキッズガーデン、東京弘済園、東京聖労院
医療多摩総合医療センター、駒木野病院
公務員・社協調布市社会福祉協議会、武蔵野市民社会福祉協議会
一般企業ロングライフホールディング、ケーヨー
その他西東京市役所、さいたま市教育委員会
進学大学院立教大学大学院、ルーテル学院大学大学院 臨床心理学専攻、京都大学大学院
その他都立職業能力開発センター、日本ルーテル神学校
長期履修制度
社会人、もしくは特別な理由がある方が大学在学期間を最長6年間まで延長することができる制度です。
長期履修制度の詳細はこちら

科目履修生
フルタイムでの学習が難しい方、自分の興味のある、学びたい科目だけを勉強したい方が、本学で開講している科目を履修することができる制度です。
科目等履修制度の詳細はこちら
公開講座
本学の学生向けに開講している授業の一部を公開しています。教養部門、キリスト教学部門、社会福祉学部門、臨床心理学部門、大学付属ルター研究所の科目を開講しています。(聴講のみで試験は受けられませんので、単位取得はできません。)
公開講座の詳細はこちら

ALL INDEX